コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

史上最強馬とは


ディープインパクトの訃報。


驚いたし、ただただ残念な気持ちだったり悲しさの後に

あの馬と同じ時代を生きれたことに、彼に感謝しないといけないという気持ちも追って出てきた。









あの馬の功績については今更語る必要もないくらいだ。


新馬戦後に武豊が語った「新馬を勝ったばかりですが、ディープインパクトという馬を覚えておいてください」という言葉が今も忘れられない。

語り草の若駒S

弥生賞、もちろん疑った部分はあるが余裕残しでほとんど追わず中山2000を勝ちきるんだからやっぱり違った。

そして人々が三冠を確信した皐月賞は出遅れ躓き最後方から前をすべて飲み込み2馬身半。
“走ってるというより飛んでいる”馬は初ステッキもそこですら本気で走っていなかった。

日本ダービーも出遅れから少し本気で走って圧勝。

神戸新聞杯も調教のようにパス。
菊花賞、かかっても無敗で三冠達成。

世代が弱いとよく言われるが、シックスセンスインティライミアドマイヤジャパンが勝ってるレースを力で持ってっていた三冠にケチのつけようはない。



初の敗戦の有馬記念は明らかに不調だった。
3歳で中山2500でルメールの好騎乗に導かれたハーツクライ相手に負けて不満が出ることにこの馬の異常さを感じる。

明け4歳初戦は阪神大賞典、悪い馬場もなんのその楽勝。
天皇賞春は伝説の大まくり。あの芸当はなかなかできない。あれのプチ版をやった息子フィエールマンの今後には期待している。

道悪の宝塚も当たり前の圧勝。
宝塚も難しいレースなはずなのに。



凱旋門賞

結局負けた2戦は共に体調不良。

ここで責めても仕方ないが放牧に出さないスタイルがそこに繋がった気もする。外厩、というものが今流行るのも納得というか何というか。とにかく残念だったけど、凱旋門賞を勝てなかったからといってこの馬の価値が下がるわけではなかった。


JC、有馬をいとも簡単に圧勝。
ウィジャボードに乗っていたデットーリも脱帽。
有馬はベストパフォーマンスでは。




種牡馬になってもディープインパクトだった。
その血は日本のみならず世界へ。

リアルインパクトディープブリランテジェンティルドンナキズナリアルスティールヴィブロスエイシンヒカリハープスターディーマジェスティマカヒキサトノダイヤモンドアルアインワグネリアン、ダノンプレミアム、フィエールマン、ビューティーパーラー、サクソンウォーリアー、スタディオブマン、ロジャーバローズ。



功績は計り知れない。







こんな偉大だけど見た目はかわいい馬だからまた惹かれる。





牡馬の超大物がまだ出てないと言われるが、確実に出てくる。

現役でもダノンプレミアム、ワグネリアン、フィエールマンなんかはまだ奥があるのではないか。

ディープ自身がサンデーのラスト二世代目。
少ないラストクロップの可能性もある。
競馬には血のロマンがある、不思議と。


前述した活躍馬に加えシルバーステート・ヘンリーバローズ兄弟のように活動しきれずとも能力のある後継馬から偉大な孫が生まれる可能性もある。

ディープの血は世界中に広がり、残るのだ。










ディープインパクトという馬は夢を見させてくれる馬だった。

小さな体でも迫力のある飛ぶような走りで。

英雄という存在。漫画のヒーローのような存在。



第二幕は後継者達に託しても、また夢を見させてくれる。



ありがとうという言葉だけでは表せない。

あの綺麗な吸い込まれるような瞳に、深い衝撃を予感させた彼の馬生はまさにディープインパクト










競馬ファンはどうしても史上最強馬を探してしまう。

でも答えは出ているではないか。


もし彼でないなら、それは彼を超える彼の遺伝子を引き継いだ第二の衝撃が世界を走り回ったのだろう。

RIZIN17


良いイベントだった。

那須川天心堀口恭司浅倉カンナ、RENAといったRIZINの顔達やメイウェザー、パッキャオ、ヒョードル、マクレガーのような海外のビッグネームを使わずに行った今回のRIZIN17。

「骨太」、「VTJの延長」などと評され地上波生放送もなかった。いわゆるRIZINの地肩が試される状況で、過去最高との声があがるほどの好評に過去最高のPPV売り上げ。

地盤である格闘技ファンの取り込みには成功しつつあるところを見せつけた。
あとはここから一般層をどう取り込むかが難しいが、結局趣味も多様化し無理に一般層を取り込まずともやれるところはあるだけにまだまだやりようがあるのも実際のところ。安心はないがRIZINというものがいよいよ定着してきそうなところに来ているのかもしれない。







さて、試合の話。


メインの矢地VS朝倉未来

やはり朝倉未来は強かった。
戦術に実行力、駆け引きの巧さに腰の強さ。ロープ云々は別物として何よりストライキングの強さ。
朝倉の良さが出た試合で、逆に朝倉の良さが消える試合というのは見れるのだろうか?無理に言えばダウトベック戦がそれに近いのかもしれないが、よほどの強豪でないとそうはならないのだろう。

今後のことは会見で言ったようにライトでなくフェザーで行くのだろう。
RIZIN側としてはライトで行ってほしいようで、結局フェザーだと相手を用意できないのだろう。そうなると他団体流出も避けられなくなるか。


矢地にとっても負けはしたが何か今後のキッカケになるような試合だったのではないだろうか。
ライト級GP、朝倉未来が出ないなら出るしかないのではないか。










ある意味メインよりも注目されたシュメトフはヒューンに完敗。
ヒューンは強いし、本来は1階級上の相手だとかでまがりなりにも序盤は渡り合ったシュメトフにはもう1戦チャンスがあってもいい。ただのイロモノだと厳しいが試合内外で盛り上げたキャラクターは良いのでは。



同じく町田光も大雅に完敗ながらもう1戦見てみたい選手ではある。
その勝者大雅は久々の勝利。これを機にまた勝っていってほしいが、年内の天心戦はまだ早いのでは。まあ天心がキックに留まらないかもしれないだけに焦るのはわからなくもないが。






女子。ハムソヒはやはり強かった。
次は山本美憂とのタイトル挑戦権を賭けた戦い。山本厳しいか。打倒浜崎最右翼だろう。



 
ライト級戦線。
北岡は無事であれば。また見たいけど少しリカバリーに当てた方がいいのでは。
勝ったケースも肘を負傷。治ればケースとピットブルのGPになりそう。

サトシはお見事。強いしGP当確は納得。
廣田は引退か。


川尻はよく勝ったけど、GPは別物な気がする。北岡の代わりというならわからなくもないけど。


ピットブル、ケース、サトシが当確。
それにムサエフ、ダロンも有力。
実質あと三枠がどうなるか。










それ以上におもしろいバンタム級戦線。




元谷VS扇久保。

正直ドローでいいし、なんなら元谷勝利でもおかしくない試合だった。
元谷の敗因は本人が言うようにテイクダウンディフェンスか。あと強いて言うなら打撃でダウンを奪わないといけなかった。スロースタートは毎度のことだが2、3Rの立ちの打撃での攻防のときに決定打がなかったのは痛かった。
ただ扇久保にテイクダウンをとられてからも何もさせなかったのはさすがで、やはり強い。今回の課題を修正してまた化ける可能性もある。

勝った扇久保はやはりしつこい。テイクダウンだったり組みの強さは世界レベル。
試合後に石渡VS佐々木の勝者との対戦を要求した。





その石渡伸太郎VS佐々木憂流迦

最初印象的だったのはウルカ。
ケイプ戦との動きは段違いで、コンディションも違ったのだろうが確実に進化している。
ステップは堀口恭司を模したようなものだったが打撃のキレやパワーに対応力が強化されていた。
正直四天王で一枚以上落ちるかもと思っていたが、決してそんなことはない。まだまだ強くなりそうな印象があり、次は元谷か朝倉海かはたまたビクターかはわからないが楽しみだ。彼も病院直行だったようなのでダメージが残らないことを願う。




さてそのウルカをほぼ完封してしまった石渡伸太郎という男はいったいどれだけ強いのか。
アグレッシブさのあまり打撃が大振りになったりガードが甘くなるという部分はあるが激闘型の選手にはつき物。休養中に磨いた柔術は今回のフィニッシュにも活かされており、いよいよコンプリートファイターに近づきつつある。


次は扇久保戦がほぼ確実。
この戦いは堀口云々抜きにしてもいよいよ世界トップレベルのマッチアップ。
石渡が打撃で倒しきるか、扇久保が漬けるか。そんな試合になるのでは。








とりあえず簡単なまとめ。
またいろいろ書きたい。

RIZIN17直前予想


×矢地VS朝倉⚪
判定0-3


アグレッシブに行きたいけど探り合いの展開になるのでは。ストライキングで朝倉に軍配か。矢地勝利のシナリオがあるならやはりそこからの塩漬けか。







⚪北岡VSケース×
1本ヒールホールド

普通に行ったらケースだが、北岡の大物食いのできる寝技がここで炸裂するのでは。
北岡敗戦パターンはそこからのブランダオン戦パターンか。




⚪大雅VS町田光×
判定3-0


居合いパンチ不発に持ち込んで大雅が勝利か。





×元谷VS扇久保⚪
判定1-2


扇久保の塩漬けで際どい怪しい判定で勝利。元谷の方が打撃筆頭に上だが元谷が負けるパターンのうっかりに近いのではないか。







⚪石渡VS佐々木×
判定3-0


石渡が言うように差がある。ただウルカも簡単には負けない。寝かしたいウルカと寝かせない石渡の攻防。その中で石渡のストライキングが試される。

大船渡高校監督の英断


賛否が分かれている佐々木選手の温存。



まずこれを議論する上で重要なファクターとなるのが高校野球の日程の過酷さ。

昔から悪くも悪くも変わらない悪しき風習は選手を壊しに行ってるとしか思えない。



そこが変わらないからこそ選手を守るために指導者側が策を講じなければならない。

大船渡高校国保監督も勝ちたくなかったわけでも甲子園に行きたくなかったわけでもない。ましてや佐々木を投げさせたかったわけでもない。

そんなのは誰でもわかるはずだ。






163キロを投げられるピッチャーを高校野球の連投で壊した場合の重大さを気づいていない。
そしてそうなった場合に批判の的となるのはまた国保監督なのも。





国保監督の英断を全面的に支持したい。胸を張ってほしい。

そして数年後、あれでよかったと言えるよう無事健康に佐々木選手には過ごしてほしいと願うばかり。

中村俊輔と磐田

中村俊輔がJ2横浜FCへ移籍し、彼とジュビロ磐田の二年半は幕を降ろした。

中村俊輔は昇格争い、ジュビロは残留争いへ。



マリノスとのケンカ別れみたいなものではないが、最終的に袂を分かつこととなった中村俊輔と磐田。



個人的には結局ジュビロ磐田は最後まで中村俊輔を活かせなかったと思う。

もちろん中村俊輔本人がジュビロや名波に助けられたと言っているように移籍は失敗ではなかったのだろう。

それでも結果的に相性は悪かったと思う。


それは中村俊輔と磐田のハイライトと言える2017年であっても。


中村俊輔は良くも悪くも古きよきトップ下の選手だ。


サイドハーフでは能力全開とはならない。

一般的に言われる彼の全盛期セルティック時代もほとんどがサイドハーフだが、あれも能力の高さと類い稀なサッカーIQでこなしていたにすぎない。

磐田での2017年もほとんどがサイドハーフ



怪我に苦しんだ印象よりも静岡の古豪が最後まで中村俊輔を持て余した印象が強い。

もっとも現代サッカーと逆行する俊輔の才能を全開に引き出せるチームの方が稀なのはわかっている。

それでも最後まで噛み合わない印象だった。


怪我が多かったのは事実だし、磐田のチーム状況も良くなかった。両者の関係は潮時だったのだろう。


昨シーズンに俊輔が契約を最後まで更新しなかったのは引退の考えよりも、その部分があったのではないか。








かくして選んだ先はJ2横浜FC

ディビジョンは下がるが残留争いより昇格争いの方がポジティブだし、ハッキリ言って磐田で過ごすよりは新天地の方がまだ良い。それが馴染みのある横浜なら尚更。

とはいえJ2も甘くはないし、やはり中村俊輔という特殊な選手を横浜FCに扱えるか。さらに怪我明けのコンディションもある。課題は多い。

まあ今回も合うかはわからない。横浜FCも繋ぐは繋ぐけど大味になりがち。

中村俊輔と心中する覚悟はあるか?

横浜FCに問いたい。



カズとの共闘に話題性?おおいに結構。

だがベテラン云々の話はべつ。


私は俊輔が若手にコーチングするのを見たいわけではない。


中村俊輔を獲得したなら中村俊輔と心中する覚悟を決めろ。

磐田や名波にはそれがなかったのだ。










磐田も温かいクラブで、名波さんもいい人だった。でも中村俊輔と心中する覚悟はなかった。




正直磐田が最後のクラブで今年で引退だとばかり思っていた。

だが本人は来年J1でやる気満々のようだ。



ポイントはやはり起用法と怪我だろう。


中村俊輔が最後にらしいプレーをしたのはマリノス時代の2016年前半。

2017年はプレーしてたけどらしくなかった。
2018年は怪我でコンディション不良は明らか。

今年は開幕戦は良くなかったがそれ以降は好調な様子。
ただどうも磐田での良くなかった印象が強い。



輝きを取り戻せるか。

RIZIN17、18会見

会見の印象は



謎の居合いパンチの人
元谷のマイクはもはや逆に名物
ヤッチくんナーバス



といった感じ。













まず居合いパンチとは?


変な人だけど見られる職業はキャラも大事。格闘家もそうではないだろうか。

個人的にはキックはわからないしあまり興味がない。ただ那須川VS堀口のような異種格闘技に繋がるような感じなら、多少はあってもいいとも思う。でも現状キックカード多いな、と。


居合いパンチの人の相手は大雅。
RIZINでは未だ勝利なしと不調。まあK-1との契約問題以降、調子を崩しても無理はない。復調気配がないわけではないのでキッカケひとつでは。
総合はやらないと言ってるけど、いち格闘家としての資質はあるだろうし期待。







ヤッチくんはピリピリ。
注目度の高い矢地祐介VS朝倉未来の試合は正式にメインが決定。
各メディアやネット上に意見があるように矢地はフィジカルを活かしたレスリング中心の攻めに出るのではないか。
いわゆる塩漬けという方向になりかねない。


打撃では朝倉有利、矢地は体格差を活かした戦いに活路。大方の予想だが、これは間違いないところだろう。

この会見では朝倉とのフェイスオフを前に矢地は途中退席。
計量時はそうはいかないだけにそこらへんも楽しみ。







RIZIN18はメインの堀口恭司VS朝倉海が決定。

これは前にも書いたけど朝倉海云々ていうかなんていうかねぇ…。


水垣VSケイプも発表されたけど、なら水垣の方が…とも。
朝倉VSケイプ2にしたくなかったのと名古屋だからってことなんだろうね。







RIZIN17に話を戻して元谷くんのマイクは逆に素晴らしい領域に。

そして堀口の首を狙う人々には水垣も加わりさらに争奪戦は過酷に。

RIZIN17の元谷VS扇久保、石渡VS佐々木の日本バンタム級四天王のサバイバルマッチ。
榊原さんいわくここで最も印象に残った選手が10月にタイトル挑戦かもとのこと。
穿った見方をすると大晦日の堀口の相手は別にあるということか?


石渡は会見で差がある、それを見せると。
憂流迦はUFC13位につけてたランカー。さすがにそれは…あるな。
まあランキングがすべてじゃないけどベングエンが8位とかでスコッギンスもそれより上のランカーに勝ってたりするから。石渡とか元谷って普通にそれ以上の選手の可能性あるからね。
まあ三段論法がきかないと言われるMMA、見てのお楽しみか。


まあとにかくバンタム級楽しみやね。








ちなみにRIZIN17は深夜枠で録画放送だとか。
まあ生放送でやらかしあったしね。仕方ない。

堀口恭司の無駄遣い

RIZIN18に堀口恭司の参戦が決定。



もちろん堀口恭司が見れるのは嬉しいが昨年も開催した愛知県のドルフィンズアリーナは彼には小さすぎやしないか。

昨年は小規模大会と言われた愛知のRIZIN。そこに堀口恭司はちょっともったいない気もする。






それに堀口恭司の相手用意できるのか?

堀口恭司の相手で納得できるのってほんと世界でも限られてくる。

偉そうに言って申し訳ないが堀口恭司という選手はそれだけ素晴らしい。



おー、いいカード!となるのはセフード、DJ、ガープラント、TJくらいじゃないか?


4月のベングエンもなかなかいい相手用意したと思うけど、それも圧勝だったしね。





現実的にはどこぞの外人、UFCリリース組、ベラトールからの刺客とこんな感じでは。

アーチュレッタ来そうだなー。


コールドウェル戦発表時の衝撃をまた味わいたいなー。









さて、7月のRIZIN17は勝てば堀口恭司に続く戦いとも言える。いや実質フライ~バンタム級四天王による王者堀口恭司への挑戦権争奪トーナメントではないか。




いやー楽しいこの階級。
RIZINランキング無理矢理作るならこんなやな。




チャンピオン堀口恭司
1D.コールドウェル
2 扇久保博正
3元谷友貴
4石渡伸太郎
5佐々木憂流迦
6J.スコッギンス
7ベングエン
8マネルケイプ
9大塚隆史
10朝倉海
11ムンジェフン
12中村優作
13トップノイタイガームエタイ








さてさて、最新情報では朝倉海選手が堀口恭司戦に名乗りをあげたようだけども。

さすがに早い。

たしかに連勝中だしいい選手だけど、まだ列に並ばないといけない。
扇久保、元谷、石渡がいるし、彼等は一度はRIZINで堀口とやってるからいいけど、せめてウルカとやってからでしょ。







あとビクターヘンリーの名前が挙がってるけど。

それもどうか。
それよりも元谷とのリマッチで勝ったらいいと思う。


ハファエルシルバも堀口戦というわけではないけど来てほしいね。











さらに先の話をすると、大晦日のカードはどうなるのか?


既にいろいろ予想があるけど。

メイウェザー?はいらない。

セフードはダナが出さないだろうから、どちらかといえば可能性があるのはDJとチャトリか。

それまでにUFCからトップどころがリリースされればおもしろいけど。

現実的なのは天心とリベンジマッチかなー。

いいけど大晦日は天心はキックなら武尊でやってほしいね。










まあまあ格闘技さらに盛り上がってほしいね。