コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

東西でダービー馬


オールカマーレイデオロ

二着アルアイン皐月賞馬でクラシックホースの貫禄を見せたかたち。




二頭とも天皇賞に向けていい滑り出しだ。


アルアインに関してはコックスプレートなんかいいと思うけど。










神戸新聞杯もダービー馬。

ただ勝ち方は状態もあり物足りなかった。
菊花賞ではなく天皇賞に行くのは正解。

まだ状態は上がるだろうし勝算はある。





二着エタリオウはやはり強い。菊花賞はこの馬か。


メイショウテッコンも展開は向いたが力はある。

だとしたらラジオNIKKEIで迫ったフィエールマンも侮れない。


エポカドーロはスタートがすべて。菊花賞は別でマイナス評価にはならない。

浮沈

中村俊輔の古巣との試合は敗戦。


自身もいいところなく磐田は残留争いへ。



結果マリノスの力が上だった。

両チームともミスはあったがマリノスの方が少なく相手のミスを活かした。
逆に磐田の方はミスがより多く相手のミスを活かせなかった。





磐田はいよいよまずい。

ビルドアップが良くないのは昨年からだがチーム状態からか拍車がかかっている。
加えてボランチより前の主力にもミスが多い。





大久保嘉人もまだフィットしていない、というかパスが出てこない。



中村俊輔も本調子ではなく、チームも中村俊輔を活かせていない。



時間がかかるとはいえ、悠長に待っていてはJ2に落ちてしまう。

3度目の正直

中村俊輔が古巣との4度目の対戦に臨む。

Jリーグジュビロ磐田VS横浜Fマリノスヤマハスタジアムで行われる。


中村俊輔マリノスからジュビロに移籍後、3度古巣との試合に出場しているが昨年秋の試合は土砂降りでほとんど参考外。

実質3度目。
そろそろ結果が欲しい。



前述の土砂降り以外勝利はなく本人もゴールやアシストはない。


初対戦となった昨年の日産スタジアムのリーグ戦では移籍間もなく、右サイドでの出場ということもあり低調に終わった。

秋の天皇杯では同じく右サイドではあったが半年を経て連携が増しボールタッチは多く進展はあった。










今回も手術から復帰間もなく、ベストとは言い切れない上にチーム状態は良くない。

マリノスも良くないようだが、地力はマリノスが上。それは移籍後の対戦からもわかる。



ポジションは3-5-2トップ下。

得意ではあるがチーム状態から守備に回る時間はヒツゼン長くなる。だが逆に少ないチャンスを活かせるか問われる。



果たして今回はどうなるか。

平成最後の夏?


は?だから何?



天皇かおまえ?

年号より結局西暦の方がよく使うだろが。


平成じゃない来年の夏は寒くなるんすか?

そもそも来年の夏生きてる保証もないだろ。








平成最後のなんちゃらは今年いっぱい続くんだろ?くだらねー。










さて、RIZINにいろいろ動きが。



11、12を振り返る間もなく
13のカードがいくつか発表に。






まあ堀口VS那須川は既定路線だったし特には。


とりあえず堀口恭司を持て余した結果ってことだけど、まあ面白いは面白いしRIZIN側の攻めた結果でもある。
そこは素直に運営と両陣営に拍手です。

でも年末のキックトーナメントには出ずに、この試合限りで堀口選手にはMMAに戻っていただきたい。

RIZINには堀口恭司の相手がいないことをキックでごまかさないでほしい。






さて、あとは朝倉兄弟か。

ここはRIZINにはガッカリ。

未来選手の言うとおり知らない外人なら知ってる日本人の方がわかりやすい。
そう考えたらヤッチくんの売り方はなかなかよかったのかな?

まあシンプルに未来選手強いから楽しみは楽しみ。




海選手の相手はムエタイなんちゃら。
この前の試合見てねーや。





そういえばマネルケイプ出るみたいだね。
もう来ないかと思った。
あの判定は微妙だったから。


相手は中村優作
あの人はいい人。
中村選手、キックは不本意だったろうから今回は楽しみですね。





大砂嵐?ミルコ?

どうでもいいや。













さて、話は少し逸れるけどDEEPで大塚選手が負けた。
相手のビクターヘンリーはかつて石渡選手をボコボコにしたとか。

今回の試合でそんな感じはしなかったけど。
まあ大塚選手を倒したんだから強いんだろうね。

いずれRIZINに来るのかUFC、ベラトール、ONEにとられるのか。






ONEといえばなんか会見したらしいね。

青木選手はおもしろい。絶対五味隆典戦やんないでしょ。

てかもうONEとRIZINは相容れないだろうな。




とりあえずきりがないから終わり

RIZIN11

今週末のRIZIN11。

まずメインの浅倉VSRENAのカード。

カードとしてはいいと思うけど、ちょっとバタバタ感があってもったいないんじゃないかと。
メインはどうかなとも思うけど他も黄金カード的なのは組めなかったことからそうなったのだろう。

希望としてはRENAに打撃で決めてほしいけど浅倉が寝技に持ち込む可能性が高いと思う。
RENAの勝機は打撃で圧力をかけることだと思う。浅倉は寝技に持ち込みたいわけで1番嫌なのは打ち合う展開。逆に寝技に持ち込まれたら勝機はない。






堀口VS扇久保。

カードとしてはおもしろくない。
堀口に圧勝してもらいたい。でもそうならないように寝技のダラダラした展開に持ち込むのが扇久保の策だろう。








それよりも楽しみなのは五味VSギラード、北岡VSブランダオン。

なんだかんだRIZINは楽しみではある。

五味まさかの三連戦

RIZIN11で五味VSサワーが発表された。


これはまあいいカードってことで楽しみにしたい。




驚いたのは五味隆典が今年3戦するってこと。
もうあんまモチベーションないのかと思ってた。


まあ嬉しい誤算ではありますが。




さて、榊原さんは9月、大晦日青木川尻ヌネスあたりとやらせたいらしい。

んーあんまどれもピンとこない。


個人的には北岡との再戦なんかは興味あるけどそれもまあいらないかって感じだしね。五味の相手は誰がいいんだろ?



ヤッチくんとの再戦も同じく見たいけど違うか。




んー。



とりあえずサワー戦次第でもあるか。



とにかくいい試合を期待したい。

安田記念とエプソムカップ

いやなんやねん安田記念。モズアスコットて。

連闘でG1。まあタフで強いんだろうけど。


ようわからんのは矢作厩舎。
連闘が得意なのはわかるけど。
そもそも体質が弱かったってなに?そんな馬連闘させる?

やはり好きになれない。




矢作厩舎といえばリアルスティール

この馬のローテもようわからんし。
1800がいいのは間違いないんだけどそのわりにマイル走らないし。

とにかく矢作厩舎のせいでおもしろくなかった。



まあまあこれもファンの勝手ないいぶんか。
スタッフにしかわからないことや苦労もあるのだろう。
好きではないけどモズアスコットと矢作厩舎及び関係者の皆様、おめでとうございます。









エプソムカップはサトノアーサー。

ようやくステークスウィナーに。
まあいろいろ条件つく馬だからアラジンみたいになりそうな気がしないでもないけど、期待しちゃう馬だよね。

秋は天皇賞からマイルか香港かな?




復帰したスマートオーディンは12着。

まずは無事に。だけどやはりこの馬も期待しちゃう馬。
今回はまあ仕方ない。無事にステップ踏めば。

なんとなく能力は褪せてない感じはする。とにかく無事に。












宝塚にはワーザー来るみたいで。

宝塚記念も国際競走なんだから、こんな感じで毎年何頭か来てほしいもんやね。