コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

オークスからダービー

オークスはラヴズオンリーユー。

まさか勝ちきるとは。リアルスティール似と評判だが兄より強いのかもしれない。


無敗のオークス馬、まだ底を見せてないだけにこれからが楽しみ。







サプライズはカレンブーケドール。
3着以下を離してるしこの馬も強かった。
まあ距離や展開が向いた可能性もあるだけに手放しでそのまま評価とは行かないが。秋以降注目だ。


クロノジェネシスは溜めた方がいいのか、いずれにせよ距離は長かった模様。

コントラチェック、シゲルピンクダイヤも距離のようでレコード決着が距離の厳しい馬を篩い落としたか。
とはいえラヴズオンリーユーが長距離向きかは未だ不明。

とりあえず秋以降か。











さて、来週はダービー。


サートゥルナーリアが評価どおりに怪物じみた走りをするのか。

個人的にはそうはいかないと思う。


たしかにサートゥルナーリアは強いと思う。
あの血統、G1を既に2勝。不利を受けながら無敗で関係者の評価も高い。

でもなんかこの馬って怪物って感じには思えない。


たしかに強い。強いから休み明けでも外を回して皐月賞を勝ちきった。


でも皐月賞で強い競馬をした馬が他にも2頭いた。

要するに1強ではなく3強。



正直ヴェロックス、ダノンキングリーがあそこまでやるとは思わなかった。

これは直感だけど東京2400ならほんとにわからないと思う。


シンプルにこの3頭の戦いを楽しめばいいと思う。




まあさらに個人的なことを言うとヴェロックスが勝ってほしい。

ビューティージェネレーション回避

残念。

陣営は来る気あったみたいだしね。



アーモンドアイは参戦するみたいだけどダノンプレミアム同様直前まで気は抜けない。





で、仮に二頭の対決が実現したらこの春一番の楽しみではないか。


もちろんダノンプレミアムの圧勝だと思うけど。

グランアレグリア敗戦

NHKマイルカップはアドマイヤマーズ。


終わってみれば朝日杯覇者がマイルカップも制覇。


前日のレースが中止になるほどのヒョウと雨の影響は少しあったか。内外のコンディション差はあるしパンパンの良馬場ではないがそれでもタイムは出ている。

グランアレグリアは折り合いと揉まれた結果か。
斜行でルメールは騎乗停止と後味の悪いレースになってしまった。











勝ち馬アドマイヤマーズは友道調教師が言うように2000までは守備範囲ではあるのだろうがマイルの方がベターか。

ただ改めて思うのは皐月賞上位3頭はかなり強いのだろうということ。ダービーに向けて再確認といったところか。

アドマイヤマーズ自身は春はこれで休養のようで、秋もこれならマイルが既定路線か。







2着ケイデンスコール。

最大のサプライズ。
外枠で外が伸びる馬場でうまくハマったか。
ただ左回りがかなり得意なのではないか。今後も左回りでは注目したい。




3着カテドラル。

内をうまく突いたが、ハナ差のケイデンスコールとは内外の差か。
アーリントンカップ同様後方から末脚炸裂で戦法を確立できた。アブドラ騎手の言うように将来有望。






4着ダノンチェイサー。

直線グランアレグリアに当たられる不利。
結局この馬の真の実力はわからずじまいだったが、思ったよりは強い。

この後ダービーに行くようだがそれでも3強の牙城を崩すまでは行かないか。






5着グランアレグリア

結果的に牡馬相手だと分が悪いということになるか。
桜花賞を見たらアドマイヤマーズより強いと思っても仕方ないし、今回はハマらなかったとも言える。
そう、桜花賞のような競馬ができれば今後アドマイヤマーズを負かすこともあるかもしれない。ただ牡馬相手の厳しい流れや状況では力が発揮できてないのもまた事実でもある。
能力はある馬だけに、今後また期待したい。








掲示板外の馬では上がりがよかったハッピーアワーにも今後注目。

ヴィッテルスバッハはまだ馬が若いか。こちらも能力はあるだけに。











久々におもしろいNHKマイルカップだった。

毎年これぐらい役者が揃えばいいんだけどね。










来週はヴィクトリアマイル。個人的にこのレースは好きじゃないけどこちらも例年以上に揃った印象。

天候もカギか。

強っ

天皇賞春、ポイントというか意外だったのはエタリオウの位置。

さすがにあそこまで下げるとは。

決まれば名騎乗だったけど結果はついてこなかった。良くも悪くもデムーロらしい。勝ちきれないこの馬をなんとかしようという気持ちがあったのか。








あとはグローリーヴェイズはあそこまでの馬とは。

菊花賞、日経新春とあまり強さは感じなかった。シンプルに京都が得意ってのがあるのかと。
ただ今日のレースを見たら見直さざるをえない。強くなきゃさすがに後ろ6馬身は離せない。





3着パフォーマプロミスは弱い馬ではないと思ってたけどここで走るとは。ステイゴールドの血恐るべし。










さて、今日の主役フィエールマン。

やっぱりこの馬強いんだな、と。
強い強いとは思ってたけど。

今日のレースに関しては最終コーナーでグローリーヴェイズに行かれたなと。去年とかなら勝ってたんじゃないかな。グローリーヴェイズそれくらいいいレースしたし、強かった。
それをねじ伏せちゃったフィエールマン。まあルメールもうまいんだけど能力なきゃできない競馬。



グローリーヴェイズもそうだけど今までのディープの子とはちょっと違うのかな。

でもフィエールマンは特にディープっぽさがある、似てるし。

今日の4コーナーなんかディープの天皇賞だったよね。








そんなフィエールマン、最大の敵は自身の体質の弱さか。
とにかく無事に行ってほしい。


凱旋門賞に登録して、今日勝ってよりそれが具体的になったと思う。

ならば宝塚も見たいは見たいけどパスでいいと思う。
2カ月半か3カ月くらい感覚欲しい馬だから7月あたりに使いたいけどキングジョージしかない。それか8月のインターナショナルS札幌記念



んー、今日のレース見ると凱旋門賞も夢見たくなるけどとにかく無理はしないで欲しいね。









なんか不思議な馬だよねフィエールマン。

去年のラジオニッケイで初めて見てファンになったけど、ますますファンになっております。

ディープっぽいのにディープの今までの子ども達と違う。
今っぽいローテだけど、菊花賞とか天皇賞春の勝ち方とか昔の名馬っぽいし。


不思議な馬だ。


キャリア何戦で大レース制覇!とかは

前哨戦使わない時代になってきてよりキャリア少ない制覇が多くなるだろうけど

この馬はそのパイオニアというか。



まだ底を見せてないしね。楽しみな馬やね。












そのフィエールマンが万全ではなかったとはいえ土をつけたシャケトラ。

フィエールマンが活躍することでこの馬を思い出すファンもいることだろう。

フィエールマンにそれを背負えとは言わないけれど、そういった意味でも頑張ってほしい。



そしてシャケトラのご冥福を改めて祈りたいと思います。

今日の天皇賞、シャケトラが走ったらどうだったかというのは野暮か。

でも素晴らしいレースをしたフィエールマン、グローリーヴェイズにも負けない素晴らしい走りを見せてくれたに違いない。


シャケトラという名馬がいたことをこれからも忘れないようにいたい。







馬券も外したけどとにかくフィエールマンが勝って良かった天皇賞。良いレースだった。

フィエールマンの能力


天皇賞春、枠順発表前の段階では本命はフィエールマン。



能力は間違いなくナンバーワン。


いや、普通に考えて下さい。この馬の末脚と辿ってきたキャリアって名馬のそれでしょ。


AJCCは一頓挫あった上に叩きでシャケトラ相手に僅差の二着は悪くない。それに中山が向く馬ではないのでマイナス評価はない。欲を言えば勝ってほしかったけど、シャケトラが予想以上に強くなってた。





まあシャケトラがいたら甲乙つけがたいあれだったかもしれないけど。









さて、能力は間違いないのだから迷わず本命!としづらいのは距離。


もちろん菊花賞を勝ってるのだから基本的にはこなせる。
ただ3200となるとスペシャリストに足下を掬われる可能性がということ。



でもこの馬の母は欧州の中長距離で活躍したリュヌドールだからね。

ディープも勝ち馬出してないけど自身はレコード勝ちしてるわけだしね。


大丈夫でしょう。












相手は菊花賞2、3着に逃げ先行馬か。





てかこの馬ディープに似てるよね。

RIZIN15

正直あんまり…といった大会だった。もちろんRIZINへの期待が大きいからというのがあってだけど。



まあ昨年の4月もそんな感じだったし、RIZINの流れみたいのが出来てきてるし悪くはないのだけれども。






さて、今回のMVPはもちろん朝倉未来

グスタボ相手に完勝。前々からやばいと思ってたけどいよいよRIZINでのこのあたりの階級の中心になってきた。

今後はライトに上げるかフェザーで行くか。
ライトならRIZIN、フェザーならベラトールそれぞれのGPに参戦か。










ミドルで言えば北岡VSロベルトサトシ。

打撃でロベルトサトシのKO。たしかに強いけど北岡としてはちょっと相性が悪い相手だったか。






キックは大雅が残念だった。
今は風向きが良くないか、悪い方に転がってるイメージ。1Rダウンを奪ったように力があるのは間違いない。きっかけひとつではないか。



那須川天心に関しては今回はRIZINにうまく利用されてしまったイメージ。
相手のフリッツビアクダン、今注目されてるフィリピンの意地は見せた形。パッキャオ云々は置いておいてシンプルに良い選手だった。ただ那須川の相手ではなかった。

パッキャオ連れてくるのはいいけどグダグダ感は否めない。刺客シリーズなら正直いらない。


那須川天心はRISEメインなためRIZINでは相手はどうしようもないのか。
だからこそ大雅に頑張ってもらいたいが。
もう武尊とやる以外ないんじゃないか。










堀口VSベンウィン。

UFCランキング3位と8位のランカー対決がRIZINで実現。
のわりに盛り上がらないのは堀口恭司がそれ以上の位置にいる証拠か。


そのとおりに1Rで決着。

距離をつめたベンにアジャストした堀口のパンチがヒット。さすがの間合いと破壊力。


次はベラトールでコールドウェルと再戦。
ケージでコールドウェル有利と囁かれるが、それは堀口も同様ではないか。


あえてその先の話をしよう。

いよいよ相手がいない。ほんとに相手できんのってDJ、セフード、ディラショーくらいしかいないんじゃない?




とりあえず終わり

マイラーズカップ結果

終わってみればダノンプレミアムの完勝。




レースは超ドスロー。

開幕週で前が止まらない馬場にこれでは差し馬には厳しい。
ケイアイノーテック、モズアスコットなんかはこれをもろに喰らったか。この2頭に関しては府中実績もあるし本番では巻き返しもあるだろう。








逆に恩恵を受けたのは勝ち馬と2着グァンチャーレか。
グァンチャーレは特に京都に強くここで結果が欲しい仕上げだったため安田記念では出てきてたとしても多少割り引きか。勝ち馬が強すぎた面もありよくやったレースではある。








3着パクスアメリカーナは上がり勝負なのによく来た。府中に合うとは思えないが安田記念も出てきたら要注意な内容だったか。 











4着インディチャンプは仕上げてなかった感じかな。それでもよく2、3着と差の無い4着にととるか、だらしない4着ととるか。まあ前者かな。ダノンプレミアムに関しては相手が悪すぎた。











5着ストーミーシー。
上がり最速を使ったのはこの馬。モズとケイアイに先着してるのは忘れないでおいた方がいい。この馬今後要注目かもしれない。











勝ち馬に関して。


まあ展開は向いたけど瞬発力勝負でも太刀打ちできないと証明した形。

着差はないけど、そもそもスローだし回ってきただけみたいな競馬でそういう見方をする必要はないかもしれない。




本番安田記念ではアーモンドアイとビューティージェネレーションが来るらしく、そうなれば楽しみ。


とにかく無事に行ってほしい。正直不安はそれだけではないか。