コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

三浦大知とめちゃイケ

初のNHK紅白歌合戦出場を決めた三浦大知
選考基準など問題視される機会が増えた番組だが紅白歌手というステータスはいまだ健在。それを見ても三浦大知がようやく世間に正当に評価されつつある。

以前から業界関係者からの評価は高かったが某バブリー芸人が言ったように「もっと評価されていい!」アーティストであることも確かだった。

それらの詳細は紅白出場でスポットがあたりこれから嫌というほどメディアでやるだろうから割愛するが、とにかくようやく時代が三浦大知に追いつこうとしているようだ。

そのきっかけとなったのが奇しくも長い歴史に幕を閉じることが決定しためちゃイケだろう。

数多くの芸能人を売れさせてきためちゃイケ
その中でもその実績No.1が先日三浦大知岡村隆史とコラボしたオファーシリーズ。

これまでもSMAPモーニング娘。EXILEと絡んだアーティストを一段上に押し上げてきた。
今回の三浦大知のケースを見てもその力は健在だったわけだ。

だが番組は終了。

今のテレビ界を象徴するような終わり方となってしまった。




まあたしかに以前と比べてつまらなくなった部分もあるのは否めない。それでもいまだ影響力はあったわけで。難しいところだ。

個人的には終わるのは仕方ないとしてもこのオファーシリーズとテストシリーズは特番で続けてほしいと思っている。



薄っぺらい言葉にはなるが終わり行くめちゃイケと紅白を控える三浦大知の両者の健闘を祈りたいと思う。