コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

乃木坂46、東京ドームを経て坂道をさらに上るか下るか

テレビや雑誌で益々見かけまくるようになってきている乃木坂46

写真集バカ売れは継続中のようで東京ドーム公演も成功し紅白三年連続出場も決定と順風満帆に見えるが、そんな時こそ落とし穴は潜んでいる。


公式ライバルだったAKB48は東京ドームを機に右肩下がりになったのは明白。
もちろん同じ秋元アイドルとはいえコンセプトも違えばやっていることも違う。
同じ道を辿るとは言いきれないが危険要素はある。



今回の東京ドーム公演でも機材の落下事故があったようにアクシデントは起こりうる。
AKBでも握手会で事件があった。
あれは関係者の対応や総監督高橋みなみのリーダーシップ、そしてなにより直接の被害者である川栄李奈入山杏奈の暴力に屈しない強さと努力があったからだ。あのようなことはあってはならないが、うまくいってる組織も危機はどこに潜んでいるかはわからない。

AKB凋落の原因の1つに前田敦子を筆頭にした主力の相次ぐ卒業があったが、乃木坂は橋本奈々未らはの卒業はあったもののパワーダウンを最小限で食い止めている印象だ。

そもそも乃木坂には前田敦子のような絶対的エースや神7といった突出したメンバーがいない。
良く言えばチーム力があり、悪く言えば際立った個がないともとれる。

掘り下げれば個性があるのはバナナマンとの掛け合いを見ればわかるが、残念ながらバナナマンは乃木坂のメンバーではない。

グループの知名度に比べメンバー自身の知名度がないという部分と無関係ではないだろう。

そのぶん主力の離脱が即パワーダウンに繋がらないため、AKBが成しえなかった世代交代はうまくいきやすいかもしれない。
乃木坂は意外と伸び悩んだグループで主力の年齢層は高い。世代交代自体は急務だが、3期生を育てているようだし案外うまくいくのかもしれない。


あとは楽曲か。
AKBでいうところのヘビーローテーションフォーチュンクッキーのような誰もが知ってる曲がない。
まあそれも一発屋で終わらないというポジティブな部分がある。

そういう戦略なのだろうか。





こうやって見てみるとかつての公式ライバルとは大違いだ。
それが直接生き残れる要因かどうかはべつとして。


その公式ライバルはなぜか今年も紅白に出るようだ。
まあ紅白自体の意味がどうというのもあるし、あれはリピーターが多い選考だけになんとも言えないが。


それよりもなんかパワーダウンしてるのは欅坂だろうか。

サイレントマジョリティーや絶対的エース平手友梨奈インパクトはあったが、そのあとがなんかあんまり印象にない。


スーツで踊ってる新曲よりもマスクのCMの方が良くないか?
ちょっとよくわかんない。



なんかまとめがちだけどそれぞれ違いますね。








まあなんとなく思いましたとさ。