コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

RIZIN 大晦日

すでに始まっているが、予想を。




29日の結果を踏まえてまずはバンタム級トーナメント。




堀口恭司VSマネルケイプ



イアンマッコールを降したとはいえ、ちょっと疑問も残るマネルケイプ。一発に加え未知な部分もあるだけに波乱を期待しがちだが、ガブリエルオリベイラに何もさせず完勝した堀口恭司にはその余地はない。
RIZINで底をみせてはいなかったが、さらに進化して手がつけられないレベルにある。
本当にデメトリアスジョンソンしか彼とやりあえないのではないか。






大塚隆史VS石渡伸太郎


2回戦を一本KOで勝ち上がった日本人2人だが、差はある。ここは石渡の勝利。問題はダメージ。決勝戦の堀口を考えたらノーダメージで上がらないと厳しい。








勝戦 堀口恭司VS石渡伸太郎



石渡は強い。
だが堀口のレベルが違いすぎる。
前回の対戦は名勝負になったがそこからの堀口の進化は凄まじい。勝負はわからないものだが、ちょっと堀口のレベルが上がりすぎたように思う。波乱があるとしたら準決勝のダメージ次第か。










29日の結果に関しても少し。




北岡ストラッサーは階級が違いすぎた。
北岡の男気とストラッサーの人柄が見えた試合だったのではないか。
ストラッサーは矢地VS五味の勝者との対戦を戦前戦後アピールしているが、どうなるか。



ギャビと神取はお粗末なものに。
12キロオーバーの相手に神取はやると言ったようで、そのメンタルはもはや勝ちに近い。





イアンマッコールについて。
あれは実力というより不運ではないか。これがトーナメントだがマッコールの参戦がこれで終わりでは寂しい。来年戻ってきてマネルケイプとの再戦や堀口との対戦もやってほしい。








さて、大晦日に話を戻す。




一番の注目はやはり矢地祐介VS五味隆典

矢地圧倒的有利の世論に大晦日の五味に微かな期待をするファン。
世代交代というテーマからは逃れられない一戦は五味の態度がそれを表している。

発表会見の握手拒否に加え軽量でのファイティングポーズも拒否。
その態度の如く五味はこの試合に対し仕方なくやるしかないという状況のようだ。

UFCでのKO5連敗から火の玉は燃え尽きたと言われた。そのメンタルも燃え尽きてしまったのか。

軽量の仕上がりを見るとUFCの頃よりいい仕上がりに見えたのは気のせいか。

どう見ても矢地有利。それでも…。

そんな試合か。


五味隆典はもしかしたらこれが最後かもしれない。とにかく見るしかない。