コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

齋藤学、横浜、川崎

サッカーJ1齋藤学選手が横浜から川崎へ移籍したことでいろいろと騒動になっている。


まあ隣町のライバルチームへのいわゆる禁断の移籍ということでの非難に加え、キャプテンや10番を放棄したことや怪我をしていることなどが重なりかなり叩かれているようだ。



ハッキリ言って齋藤学に非はない。


サッカーの世界では移籍なんてよくあること。
それに職場を選ぶのはサッカー選手に限ったことではない。
彼の人生であり、本来は他人にそれをどうこう言う権利はない。



マリノスのサポーターはちょっとヒステリックなところがある。


マリノスを愛する齋藤学がなぜ移籍することになったかを全く考えない。

そもそもマリノス齋藤学を満足させる環境があればこうはならなかったのではないか。




マリノスのフロントはハッキリ言ってずさんだ。
マリノスサポーターはそこに気づいていない。いや、気づいていないわけはないのに見ないふりをしている。

それでいて齋藤学に心ない言葉を浴びせるのは違う。






昨年の中村俊輔の時もそうだった。




何回繰り返せばわかるのだろうか。










齋藤学の決断は間違っていない。

もうマリノスという枷はない。あとは怪我を治してさらに進化するのみだ。



フロンターレは素晴らしいアタッカーを手に入れたし、齋藤も久しぶりにいいパスを受けれる。

ただし大久保も復帰したフロンターレも磐石とは言い切れない。
後ろの人員はあまり上積みできていないし、前も戦力の充実はそのままプラスに働くとも言い切れない。
もちろん蓋をあけてからわかることもあるが。










マリノスフロンターレ神奈川ダービーは昨年の俊輔ダービーというよくわからない名前のついた異様な試合に似た雰囲気になりそうだ。

でもちょっとフロンターレの負ける姿は想像できない。









中村俊輔齋藤学というクラブの宝を連続で流出させたマリノスに対する批判がないのはほんとに遺憾だ。


いや、日本の宝か。


この二人の対決もまた見もの。


マリノスの10番がともに別のクラブのユニフォームを纏って戦うのだから、これもまた皮肉なものだ。