コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

時期尚早

今週は弥生賞

まさかこんなに早く実現してしまうとは。





ダノンプレミアムVSワグネリアン



前に書いたとおり現状今年のクラシックの主役の二頭。

これに次ぐであろうオブセッションも出てくるのだから贅沢というかこれらが当たるの時期尚早だろと言いたい。


まあクラシック路線は入れ替わりが激しいから案外これでスプリングS勝った馬が皐月賞馬だったりする。

そのパターンは見てる方としては嫌だけど。




だから今回弥生賞出る馬が無事に順調に行ってほしい。








さて、弥生賞皐月賞と同じ中山2000m。

前述したように順当に行ってほしい者としてはクソコース。

ほんとに能力より適性が勝るコース。




ここに関してどうか。

正直ディープの子供にはあんま向かないから100%信用はできない。


スタイル的にはダノンプレミアムはテンも早いし行けそうっちゃ行けそう。

ワグネリアンオブセッションの方が単純に後ろから行くからしんどいかも。


でもダノンプレミアムも器用なタイプというわけではないだろうし、やっぱ三頭とも不安なとこはある。


一番未知なのはオブセッション


ワグネリアンもピッチはあるし。


言ったら競馬はやってみないとわかんない。






あとシンプルに力関係がどうなのか。



いまのところダノンプレミアム、ワグネリアンオブセッションの順の評価だろうけど。

わからん