コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

弥生賞を終えて

ダノンプレミアム1強、そう書かれまくっており皐月賞ダービーまでそれは続くだろう。
そんな弥生賞の結果。



たしかにダノンプレミアムは強かった。

皐月賞に向けてはほぼ盤石。
崩れるとしたらアクシデントか極端なペースで変なレースになったときくらいかそれもないか。

まあ皐月賞は紛れのあるレースだしわからないけど、この世代で上位のジャンダルムとの能力差は明らか。
ホープフルSでジャンダルムに勝ってるタイムフライヤーでもちょっと極端な形にならないとどうにもならないんじゃないか。


現状ダノンプレミアムに対抗できるのはワグネリアンだけだろう。



そのワグネリアン弥生賞を見る限りは皐月賞では分が悪い。

ダノンプレミアムの天井がどこまでっていうのはわからないが、能力で劣っているというわけではなさそうだが中山はまあ向かない。

逆にダービーはワグネリアンに分があるかもしれない。




正直ダノンプレミアムは予想以上に強かった。ただまだどこまで強いかっていうのは良くも悪くもわからない。

ダノンプレミアム、ワグネリアンの2強だけど皐月賞はダノンプレミアム有利ってことがわかった弥生賞って感じかな。

オブセッションはよくわからないまま終わっちゃったけど、これで見限る必要はない。





あと距離か。
ダノンプレミアムはマイラー説があるけどまあ2000もたないわけはない。弥生賞を見てると2400までは大丈夫そう。
ワグネリアンもそこは一緒かな。

でもスタミナ勝負になるとってとこかな。まあ他と能力差があるだけに心配無用かもね。



とりあえずクラシックの楽しみがなくならなくてよかった。