コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

齋藤学とマリノス

ついに復帰した齋藤学

同時にフロンターレデビューとなった一戦が古巣マリノスというのもなにか因縁めいていた。



選手紹介から交代で入る時やボールを持った時まで、齋藤学というすべてに対してブーイングを浴びせたのは古巣マリノスサポーター。
昨年の中村俊輔の時といい、相変わらず出ていった選手に対して敏感だ。


ハッキリ言ってあのブーイングは愛情の裏返し、なんていう生易しいものではないと思う。
憎悪に近い。

賛否両論あるが、個人的にあれはどうなのかなと思う。

一部のマリノスサポーターは愛していたから裏切られたら辛いとかなんとか。
マリノスサポーターではないのでその気持ちはわからないしわかりたくもない。

キャプテンで10番なのに、怪我してるのに、同じ神奈川の川崎へのゼロ円移籍。マリノスサポーターの言い分はあるのだろうが、いち選手として間違ってるとは言い切れない。

まあブーイングはマリノスサポーターからしたら当たり前なのかもしれないが
あれだけマリノスのために身を削って戦った選手に対してあの憎しみのこもったブーイングはない。

愛情の反対は無関心とも言うけど、これなら無関心の方がマシではないか。




試合後、齋藤学は止められたようでマリノスサポーターのところまでは行かずピッチ中央から頭を下げた。

これにもやんや言うマリノスサポーターだろうが。

齋藤学を応援してやろうという気持ちはないのだろうか。
選手は優勝するための道具ではない。
マリノスサポーターは自分達が喜びたいがために選手に多くを求める。だがマリノスのユニフォームを脱いだら憎しみのブーイング。何様なのだろうか。





怪我の再発など注意は必要だが、齋藤学はプレーできるところまで来た。

まずフロンターレで試合に出ること自体が簡単ではないし、出てフィットして結果を出さなければならない。
それでも齋藤学の実力を考えればできるはずだし、できなければワールドカップはない。
ハリル解任は追い風と言えるかはわからないが、ハリルが選ぶ可能性はあまり高くなかっただけに。ここで実力を発揮できればチャンスはある。


齋藤学の今後に期待したい。




対するマリノスサポーターは来月に日産スタジアムで再びジュビロ磐田戦を迎えることになる。

昨年春に憎悪のブーイングを浴びせた中村俊輔に対して今回はどうするのか。

昨秋の対戦では意識しないようにしていたようだがどうか。

憎悪の対象が齋藤学に変わったからいいのか。

その憎悪をフロントに向ける気はないのだろうか。

いや、あるわけないか。選手やスタッフがどうなろうが結果が出ればいいと思ってるのはフロントよりもサポーターだった。






まあフロントとサポーターはあれだけど、マリノスの選手やスタッフに罪はない。
ポステコグルーになっておもしろいことやってるみたいだし、ウーゴヴィエイラバブンスキーに山中はいい選手だ。
ボンバーは代表に呼ばれるべきだと思う。

彼らの中村俊輔齋藤学に対する態度は素晴らしかった。
この差はなんなんだろう。そのあたりにこの問題の本質があるのだろうか。