コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

皐月賞後の日本ダービー展望

忘れないように買いておこう。


現時点での予想。





本命はダノンプレミアム。

この馬抜きで行われた皐月賞で超えてきた馬はいなかったため必然的に本命。
ポイントは距離とローテになりそう。

距離は弥生賞であれなら大丈夫だろうし、最近のダービーは短い適性の馬でもある程度こなせるためさほど問題なさそう。
ローテは皐月賞を使わなかったのが逆に吉と出る可能性すらあるのでは。

ダービーもダノンプレミアムに勝てそうな馬探しになるんじゃないか。





対抗はワグネリアン

今回の皐月賞がダービーに直結するとは到底思えない。もちろんダービーも天候含め前が止まらない展開がないわけではないが皐月賞上位組に力があるかといったらうまいことやったエポカドーロ以外はさほど。
で、皐月賞を度外視した場合にそしてダノンプレミアムに対抗しうる馬を探したときにこの馬しかいないのではないか。

弥生賞がダービーとの関連性が高いとするならダノンプレミアムの次の評価は必然的。
中山の皐月賞より明らかに東京のダービー向きで、皐月賞7着は忘れた方がいい。
ダービーも前が止まらない展開が存在するがそれ以上に末脚の破壊力を忘れてはいけない。






ダノンプレミアムVSワグネリアンの再戦でいい。
あるとすれば道悪や前残りで水を差されるか別路線組。

皐月賞組で絡んでくるとしたらエポカドーロかキタノコマンドール、あってジェネラーレウーノ。

腐っても皐月賞エポカドーロは無視というわけにはいかないか。決してフロックではないがあまりに皐月賞馬感が強い。ダービーはちょっと割り引き。

キタノコマンドール皐月賞でステルヴィオと同格かそれ以上だと示した。この馬も皐月賞よりダービーのが向く。まだ未知なところが大きいだけに。

前残りとはいえ京成杯から久しぶりの競馬でハイペースについていっての3着。この馬は思ったより強いかもしれない。ただ中山と東京、皐月賞とダービーの違いで割り引きなのはこの馬も一緒。


あとは共同通信杯を勝ってるオウケンムーンくらいか。
この馬も皐月賞で来ると思ったけどまったく見せ場なし。でも皐月賞度外視ならこの馬もまだわからないんだよね。馬券圏内から外さない方がいいのかもしれない。






これくらいか。

ステルヴィオは…。皐月賞度外視の場合この馬も一番人気になってた馬なんだけど。で、不思議なのはこの馬も脚質から言って中山より東京なんだけどそこでダノンプレミアムやワグネリアンに対抗できるかって言ったら全くイメージが湧かない。
ロードカナロアで距離がもたないって言われてるけど、そこまで短距離な馬なわけではないのかもしれない。でもダービーこの馬ってイメージがまったく湧かない。
この皐月賞で4着だから決して弱くない。ダービーでも実力上位。でもダノンプレミアムにも今回先着したワグネリアンにも勝てそうなイメージはない。


ジャンダルムはそもそもダービーに行くのか?
もはやこの馬に活路があるようには見えない。











別路線組。

毎日杯からのブラストワンピース?あまり魅力を感じない。

基本的には皐月賞組が強いのがセオリー。でもまあトライアル見てからかなー。