コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

日本ダービー

今年の主役は間違いなくこの馬ということで本命はダノンプレミアム。


最も運がいい馬が勝つ、という格言は死語。
たしかに運は必要だが実力で決まる舞台。

この日本のダービー馬という栄誉に相応しい馬が勝つ、と見た。





楽勝の新馬戦、レコードのサウジアラビア、2歳王者となった朝日杯、有力馬を子供扱いの弥生賞
この馬言うほどバケモノではないんじゃないかという懐疑的な目で見ていたが、冷静に力関係を見たらこの馬に勝てそうな馬っていない。
ダービーでどれだけのパフォーマンスを見せるか。

皐月賞回避で久々、折り合いや距離など挙げられる不安材料は気にならない。
久々でも走る時代だし、強い馬は強い。折り合いは見た目ほどかかってはないし、距離は弥生賞を見たら心配ないでしょ。

この馬ディープに似てないと思ったけど体重よりでかく見せるとこと、目が実はソックリ。
本命はこの馬で。







そのダノンプレミアムに勝てそうな馬を探した時に、唯一可能性を感じるのがワグネリアン

弥生賞を見た時に皐月賞はダノンプレミアムだけど、ダービーならワグネリアンだなと。この感覚を忘れないで本命に近い対抗。

皐月賞は身体作ってないし走ってないし、逆にダメージはあまりない。
外枠は気にはなるが、結局決め手勝負なのだからジンクスより得意な形に徹せれる方に見る。
来年のダービー馬はこの馬だと言っていて暖簾を下げた人は後悔するだろう。







3番手はブラストワンピース。

ダノンプレミアムと皐月賞組以外で勢力争いに加われる唯一の馬ということで。
個人的にはそこまで強い馬とは思わないけど、可能性で考えたら上記2頭に次ぐならこの馬。
ギベオンを物差しにするとなんとなくは見えるし、この馬の走りでケイアイノーテックの評価も分かれるかも。





4番手評価はキタノコマンドール皐月賞で一番外から上がり最速、それだけでダービー買える馬。
ただダノンプレミアム、ワグネリアンとは同じディープでも能力に加えてキレで分が悪いような気がする。ブラストワンピースとの力関係は未知なとこで逆転はある。




キタノコマンドールを抜いて強い競馬したのはグレイル、ジェネラーレウーノ。

グレイルは出負けしてキタノコマンドールと差のない競馬。ただ内からの分と東京でのキレ味勝負で割り引き。

ジェネラーレウーノはハイペースで逃げて3着の皐月賞京成杯からの直行ローテ。上積みがあるがこちらも馬場とキレを加味してマイナス。





皐月賞エポカドーロも弱くはないが上位とは東京2400では分が悪い。
しぶとさはあるけど歴代の皐月賞馬が苦労する舞台で突き抜ける絵は浮かばない。


サンリヴァルは強調材料がない。
ゴーフォザサミットは皐月賞組と当たるとこのあたりか。








もうとにかく力で決まってほしい。
去年より豪華なメンツのダービー、楽しみにしたい。