コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

第85回日本ダービー


春のクラシックが終了。
競馬界はまたここから回りだすわけだ。

牝馬はレベルが高かった。とりあえずアーモンドアイが注目されるけど、リリーノーブル、サトノワルキューレあたりも今後の成長に期待したい。



さて本題のダービー。




簡単に言えば役者がいい仕事をして決まったレース。まあ一番人気が沈んだのは残念だったけど、それを除けば見応えのあるダービーだったと。





まずその一番人気ダノンプレミアム。

状態は良かったし、折り合いも少し力んだけど許容範囲だったはず。
直線いつもは抜け出すとこでエポカドーロに前を塞がれて横もコズミックフォースが空けてくれなかった。
厳しい見方をすれば一番人気なんだから当たり前とか強引にいけば抜け出せた、と言いたくなるかもしれないがパトロールを見ると進路はあるようでない。たしかに強引に抜け出せないとも言い切れないし一番人気はマークされるもの。
川田騎手はうまく乗ったとは言えないが責められはしない。距離がっていうのは少なからずある印象だが、能力で負けたとは言い切れない。
秋は菊花賞で最後の一冠をとりに行くか、はたまた天皇賞か。
マイラー説が出てるけど中距離がベストではあると思うし、決して2400がダメというわけでもないと思う。
今回アクシデントがありながらダービーに仕上げてきた陣営には楽しませてもらったし感謝したいし、人馬とも今後にまた期待したい。






2着の皐月賞エポカドーロ。

まず謝らなければならない。弱くないとは思っていたけど思ってたより強かった。

まあ今回もスローの逃げで展開は向いたけど東京2400で2着にしっかり粘ってるだけに、もうこの馬を過小評価できない。距離も言われてたけど菊花賞の二冠あるんじゃないか。







3着コズミックフォース。

まさかの大健闘。まあこの馬が来てるあたりは前が止まらない競馬ではあったのかと。石橋騎手もうまく乗った。ただ今後はどうか。

今後なら後ろから突っ込んだ4着エタリオウの方があるか。でも相手なりに走る馬っていうのは忘れてはいけない。


5着ブラストワンピース。
この馬も弱い馬ではなかったということ。
まあやたら人気したけどやっぱり好きになれない。
秋は菊花賞に行くのかな。








さて、勝ったのはワグネリアン福永祐一騎手の名騎乗初制覇は語り草になりつつあるので、まあそこは敢えて掘り下げない。

振り返ればこのチームがずっと狙ってきたダービーをしっかり獲った形。それが如何に難しいかは一国のうんたらの格言のとおり。


頭数は違うけど東スポ杯でやったことがここでもよくできたんだと思う。まさかあそこまで前に行くとは思わなかったが。

展開にうまく乗ったのはあるんだけど最後はキレ味を見せて突き抜けてくれた。

で、この馬はほんとに評価が分かれる馬。

まず小さいから評価されない。ディープの子供なんだから当たり前だろがい。

ディープの子だから成長力やなんやら言われるけどずっと友道調教師はマカヒキに比べて完成度が低いと言ってるんだよね。

祖母がブロードアピールだからまだ奥があっても不思議ではないんだけど、ほんとよくわからない。


ただ確実に言えるのは菊花賞は向かない。
ローテは発表されてないけど、そこはやめてほしい。

天皇賞からJCがいいんじゃないかな。


まあ日本のダービーを獲ったんだから海外を見てもいいと思うけど、この馬に合いそうなのはドバイくらいなんだよね。

野路菊Sだけ見たら欧州に期待しちゃうけど、皐月賞ダービー見ても良馬場でこその馬なんだろうね。
ダノンプレミアム含めてサクソンウォーリアーと夢の対決は見たいけど無理かな。

まあダノンプレミアムとの再戦は楽しみだね。秋の天皇賞で実現してほしいけどね。

まあみんな無事に行ってもらいたいね。








さて、来週はサクソンウォーリアーか。