コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

八隈VS百春、峯田VS茂吉

九頭龍の強みの一つインサイド


千秋のインサイドプレーはポイントではあるが、あくまで彼の本質は点を狙い取らせること。

ゴール下の戦いはこの四人の争いが基本になる。







前回の対戦で唯一の光明だった百春。

だが八隈が黙ってはいないし、ケガはいよいよ深刻だ。

百春のことだから試合終了まで踏ん張るだろうが、横浜大栄との試合は紙一重のせめぎ合いの連続だし、なんとなく百春はバスケ人生最後の試合になるような気がする。


とにかく得点力もある八隈を封じなければ、得点力のない百春は逆に穴になりかねない。












逆に今回有利に行けそうなのは茂吉。


前回峯田にやられたが、ポカのあるキャラゆえ穴はありそう。もちろん横浜大栄のレギュラーだけに甘くはないだろうが、何より1年間で伸びたのは空とこの茂吉だろう。

千葉ジュニアや鯨井、尾崎とやり合ってきただけに前回のようにはならないはず。



懸念はスタミナと八隈や糸賀の存在か。

茂吉はストーリー上では峯田と因縁(一方的か?)があるが、前回特にやられたのは八隈ではないか。
さらにこれは百春にも言えるが八隈や峯田を下げさせても横浜大栄には糸賀がいる。

九頭龍のストロングポイントだがここでも横浜大栄の選手層は脅威となりそうだ。


中田とミチロウではちょっと足りないか。