コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

中村俊輔と磐田

中村俊輔がJ2横浜FCへ移籍し、彼とジュビロ磐田の二年半は幕を降ろした。

中村俊輔は昇格争い、ジュビロは残留争いへ。



マリノスとのケンカ別れみたいなものではないが、最終的に袂を分かつこととなった中村俊輔と磐田。



個人的には結局ジュビロ磐田は最後まで中村俊輔を活かせなかったと思う。

もちろん中村俊輔本人がジュビロや名波に助けられたと言っているように移籍は失敗ではなかったのだろう。

それでも結果的に相性は悪かったと思う。


それは中村俊輔と磐田のハイライトと言える2017年であっても。


中村俊輔は良くも悪くも古きよきトップ下の選手だ。


サイドハーフでは能力全開とはならない。

一般的に言われる彼の全盛期セルティック時代もほとんどがサイドハーフだが、あれも能力の高さと類い稀なサッカーIQでこなしていたにすぎない。

磐田での2017年もほとんどがサイドハーフ



怪我に苦しんだ印象よりも静岡の古豪が最後まで中村俊輔を持て余した印象が強い。

もっとも現代サッカーと逆行する俊輔の才能を全開に引き出せるチームの方が稀なのはわかっている。

それでも最後まで噛み合わない印象だった。


怪我が多かったのは事実だし、磐田のチーム状況も良くなかった。両者の関係は潮時だったのだろう。


昨シーズンに俊輔が契約を最後まで更新しなかったのは引退の考えよりも、その部分があったのではないか。








かくして選んだ先はJ2横浜FC

ディビジョンは下がるが残留争いより昇格争いの方がポジティブだし、ハッキリ言って磐田で過ごすよりは新天地の方がまだ良い。それが馴染みのある横浜なら尚更。

とはいえJ2も甘くはないし、やはり中村俊輔という特殊な選手を横浜FCに扱えるか。さらに怪我明けのコンディションもある。課題は多い。

まあ今回も合うかはわからない。横浜FCも繋ぐは繋ぐけど大味になりがち。

中村俊輔と心中する覚悟はあるか?

横浜FCに問いたい。



カズとの共闘に話題性?おおいに結構。

だがベテラン云々の話はべつ。


私は俊輔が若手にコーチングするのを見たいわけではない。


中村俊輔を獲得したなら中村俊輔と心中する覚悟を決めろ。

磐田や名波にはそれがなかったのだ。










磐田も温かいクラブで、名波さんもいい人だった。でも中村俊輔と心中する覚悟はなかった。




正直磐田が最後のクラブで今年で引退だとばかり思っていた。

だが本人は来年J1でやる気満々のようだ。



ポイントはやはり起用法と怪我だろう。


中村俊輔が最後にらしいプレーをしたのはマリノス時代の2016年前半。

2017年はプレーしてたけどらしくなかった。
2018年は怪我でコンディション不良は明らか。

今年は開幕戦は良くなかったがそれ以降は好調な様子。
ただどうも磐田での良くなかった印象が強い。



輝きを取り戻せるか。