コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

NHKマイルカップ2021結果

ソングラインの勝ちに見えたが、タイミングでシュネルマイスター。

サンデーレーシングの1、2、3となったが、これはべつにありそうなこと。
3頭出してそれということの方がある意味凄い。




勝ったシュネルマイスターは弥生賞でタイトルホルダーの二着だっただけにこの結果も納得。

外国産馬がどうとかというよりキングマンが日本の高速決着で結果を出したことは今後の流れを作りそうな気がする。

NHKマイルカップ勝馬はそのあとパッタリの場合もあるがこの馬はそんな気はしないが、もしそうなるとしたらそれこそ外国産馬ということか。









2着ソングラインはもう勝ちに等しい競馬。
桜花賞の不利がいかに大きかったかを物語る結果ではあるが、このレースを見る限りこちらの舞台にこそ適性があったようにも思う。
それだけに来年のヴィクトリアマイル安田記念でも忘れないでおきたい存在。もちろん秋の府中牝馬富士Sでも。





3着のグレナディアガーズは展開的に厳しかったかのと早めに外を回したぶん最後厳しくなったか。
地力は見せたが、府中のマイルだとさすがに展開や流れに恵まれないと厳しいか。
ソウルスターリングミスエルテのように早熟タイプの出るフランケル産駒だけにそのあたり秋以降注視したい。















今週はヴィクトリアマイル

グランアレグリアの相手探しか。

ギルデッドミラーが出ないのは残念だが、なんやかんや荒れるレースなので穴馬を見落とさないようにしたい。

NHKマイルカップ2021当日

東京G1連続開催のスタートは良馬場で高速決着が予想される。


それにしてもNHKマイルカップはなぜか毎年晴れる。なのに荒れる。
正直荒れるならここで雨に降っといてもらった方が都合が良いのだが、そうはうまくいかないのが競馬だ。



当日の予想としては高速決着というのを考えるとグレナディアガーズで決まりのような気はしている。
それにシュネルマイスター、ルークズネストがどう抗うか。

バスラットレオン、ホウオウアマゾンは切るか押さえ程度でいい。勝つイメージは湧かない。




ある程度ペースは流れて外枠が台頭するレースで、それでいて馬券内に1頭先行前残りがいるイメージ。

そのあたりを頭に入れておきたい。






というわけで

グレナディアガーズ
ルークズネスト
シュネルマイスター

の3頭を中心にもうあとはランダムくらいの勢い。
穴馬が来そうな気配がすごい。











ところで当日NHKマイルカップを予定していたグレートマジシャンだが、なんとかダービー出走できそうな気配が。

逆にここ来てたら確勝だっただろうな、と思いつつマイルカップ出走馬陣営には色気出してダービーには来るなよと言いたい。
正直レースよりもレース後の陣営コメントが気になる。

レンアイ漫画家第五話

鈴木亮平吉岡里帆出演のドラマ、レンアイ漫画家。


これはこのクールで1番おもしろい。

正直いかにもドラマという設定ではあるが、それがちょうど良い塩梅で見やすい。

とにかく鈴木亮平の演技力が素晴らしいし、吉岡里帆片岡愛之助のキャラクターもそれを引き立てる。






そんなこのドラマも第五話と折り返しに入った。

以下ネタバレ注意。
































いや、特に話は動いてないか。


というよりこのドラマのゴールはぼんやりしている。
鈴木亮平吉岡里帆がくっつくのは間違いないがそこに弟やその息子がどう絡むか。
あとは正体がばれるかどうかもあるが、結局なんかどれもぼやっとしている。

逆に言えば1話ずつ切り離してるわけではないのに1話ずつしっかり見れる話ではある。


設定といいどこか逃げ恥に似ている。

何が言いたいかと言うとおもしろいということ。

今後の話にも期待したい。

NHKマイルカップの思い出

今週のNHKマイルカップ、ルークズネストが気になってきた。
ファルコンSからの臨戦過程は近年良いイメージがあるし、負かした相手は唯一のG1馬。これは侮れない。




さて、そんなNHKマイルカップ
このレースといえばクラシック路線組が強いながらもなかなか穴馬が台頭し荒れるイメージがある。

勝ち馬はダービー以上に早熟傾向があるのでは。
マイネルホウオウとかクラリティスカイとかそれ以降まったく名前を聞かなくなった馬も多い。





近年だとケイアイノーテックなんかはG1で掲示板まではあったけどなかなか勝った当初の期待ほど活躍はできずオーストラリアへ移籍してしまった。向こうで種牡馬としても活躍し、ディープインパクトの血を南半球にも広めてもらいたい。






カレンブラックヒルはその後も毎日王冠は勝ってるけど故障もあって早めに種牡馬に。

ダノンシャンティも故障してるし、やはり府中のマイルは想像以上に負担がでかいのか。
まあNHKマイルまでにクラシック両睨みのパターンもあるし一概には言えないのだけれども。







そう考えるとNHKマイルカップ勝った馬でそのあと無事に行った大物ってエルコンドルパサーとかの昔まで遡らないといないのか?



タニノギムレットキングカメハメハは結局ダービーがラストランだし。


アエロリットとかアドマイヤマーズはしっかり走ったけど、大物という表現はどうか。
この2頭はたしかに強かったけど。




逆にNHKマイルカップに出たけど勝てなかった馬の方が大物は潜んでたりする。

グランアレグリアジャスタウェイなんかはその最たる例。
まあこの2頭はオバケレベルで、その片鱗は2歳から見せてたから参考外なのかもしれないけれど。











結局、NHKマイルで強烈な印象のレースを選べと言われても難しいという結論に。

ダノンシャンティのレコード、グランアレグリアが沈んでアドマイヤマーズの横綱相撲とか思い出深いレースはあるけれども。


今年はメンバー小粒感あるし、そういう意味では期待できないけれども。まあらしいっちゃらしいというか、それも競馬。

変わらずの開催に感謝して楽しむべし、ということだろう。

ウマ娘と文化

ウマ娘
まあなんか大ヒットって感じですが。

そういうものには弊害も付き物で、牧場とか他社に迷惑かけるのはナシ。

それがなくて本来の競馬が尊重されるならまあアリなんだろうなとは思う。






なんというか日本の文化というか。

ゲームというかあのアニメ感というか。



まあ偏見はよくないけど嫌いだなというのが本音ではある。
べつに個人的な好き嫌いであり、それが悪いと言うつもりはない。
ゲームもアニメもおもしろいものはあるし、ひとつの文化としても素晴らしいものだと思う。
そもそも好き嫌いなんて個人の勝手であり、他人に迷惑をかけなければ好きにすればいい。


でもウマ娘のあの感じは申し訳ないけどちょっと生理的に無理。

そもそもなんで馬が娘になるんだ。

百歩譲って女の子に擬人化するなら牝馬やろ、と。アーモンドアイとかウオッカとかおるやろ。
なんでゴールドシップトウカイテイオーやねんと。


まあこれ以上は過度な批判になるので。









まあそれをキッカケに競馬に興味を持つ人が増えるのはいいこと。
ただ他人に迷惑かけんなやっていう話なだけで。




最後にもう一つ本音を言えば過去の名馬をクローズアップするならそんな女の子に擬人化とかではなく、普通にその馬らしいものであってほしかった。
それだとここまでヒットしたかはわからないのだけれども。

日本馬の凱旋門賞参戦を考える

ディープボンドに続きマイネルウィルトス陣営も凱旋門賞参戦の可能性を示唆した。


福島民報杯を大差勝ちし、凱旋門賞登録予定で次走函館記念の結果を見て決定するようだ。

これは個人的には良いことだと思う。




凱旋門賞については「強い馬が行くべき」という意見と「適性のある馬が行くべき」という意見があるが、これはどっちも間違っていないと思う。

もうこのあたりは議論されまくってるので詳しくどうこうというのは敢えて避けるが。





まあ万が一それで勝たれても冷めるというのが本音ではある。


ただ凱旋門賞は世界一のレースではあるが、泥んこ馬場になると道悪適性のみで勝たれるなかなかのクソレースが発生する奇妙なレースではある。
最近は内ラチを外してスペースを作るなど工夫はあるが、あれだけ広いコースなのに小細工や前が壁が発生しやすいのもそれを手伝っている。
さらに道悪適性が必要かと思いきやたまに晴れまくって高速馬場になることもある。

こう改めて考えるとなるほど日本馬にとって魔境なわけだと妙に納得する。




だからマイネルウィルトスが道悪適性を発揮して大金星の可能性も考えられるのだが、そうやってワンチャン狙った時に限ってパンパンの良馬場高速レースになる可能性もあるわけだ。


そういう意味では道悪大好きで高速レース対応もできるクロノジェネシスは過去一チャンスのある馬なのかもしれない。




今年は日本からはクロノジェネシス、ディープボンド、マイネルウィルトスが出走予定メンバーとなりそう。

まあ道悪適性軍団と言っていい。

かつてのジャスタウェイハープスターゴールドシップなんかと比べたら見劣りするけど適性重視という意味では過去一かもしれない。

ただこういう時に良馬場用意してくんのが凱旋門賞でもある。


ナカヤマフェスタの例があるからほんとにわからないけど、なんやかんやあの馬はG1馬だし普通に考えたらマイネルウィルトスに関しては厳しいんだろうけど


結局日本馬は勝ってないわけでまだ凱旋門賞の勝ち方はわかってない状況ということか。






やはり日本競馬の悲願である凱旋門賞制覇が成し遂げられるとしたら武豊騎手やディープインパクト産駒に達成してもらいたいのはファン心理ではあるが…


凱旋門賞というレースの性格を考えるとそういうドラマを受け入れてくれそうにはないだけに。







今年みたいな布陣が現実的なのはたしかか。

今年のNHKマイルカップ

ここ数年NHKマイルカップはメンバーが揃うようになってきていたが、今年はトーンダウンという印象。

昨年は4強、一昨年は2強などといった表現ができたが、今年は正直0強といった印象。


レシステンシア、アドマイヤマーズ、グランアレグリアといったクラシック路線からの転戦組もG1ウィナーはおらずイマイチ。



高配当を狙うだけなら楽しいかもしれないが、ならば馬券ではなく株を買ってればいい。











本命はグレナディアガーズにするしかない。

前走は物足りなさもあったが、ずっとハイパフォーマンスという馬ではなさそう。今回はキッチリ仕上げてくるだろう。




対抗はシュネルマイスターか。

弥生賞2着はここなら格上。
皐月賞には行ってないがクラシック路線組に混じれる実力は買いだし距離短縮は好材料





三番手はエリザベスタワー。

この馬は桜花賞にも出たクラシック組。
ソングラインとともに注視したい。











あとはもう枠順を見て穴馬探しするしかない。

昨年のラウダシオンのように人気薄も来るレースではあるので。

もちろん東京コースの状態も気をつけるのは当然。

















最後に余談。


凱旋門賞遠征予定のディープボンドは和田騎手でなく現地の騎手らしい。

この馬の特徴を知る和田騎手でないのはなぜか。コロナが理由でなければ解せない。

たしかに追える騎手とは合う可能性もあるが…








もう一つ。

キングストンボーイがダービーを回避するようだ。
ノーザンの圧力などとも言われているが、馬優先の藤沢調教師が最後までそれを貫いたのだとしたら素晴らしいとしか言いようがない。


個人的にはキングストンボーイにも注目していたが、それよりもグレートマジシャンに出てもらいたいので朗報ではある。