コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

中村俊輔VSイニエスタ

J1が開幕。


チャンピオンチームが躓くなど、上位予想されるチームの苦戦が目立つ。
まあ最初だし日程的な問題もあるしで特段気にする必要もないのでは。




さて今回の注目カードだった神戸VS横浜FC

天皇杯王者と昇格チーム、しかも神戸ホームということで予想では圧倒的神戸有利とされたが。
結果はドロー。


まあ支配率やシュート数からして神戸の試合だったのは間違いない。特に終盤で力の差は見えていたし神戸としては悪くないだろう。

逆に横浜FCはよく耐えたとも言えるし、やりたいサッカーができなかったとも。




そんな試合でやはり注目されていたイニエスタ

まあさすがではあった。日本でのプレーに慣れてきたか周囲とフィットしてきたか昨年よりも目立つ存在だった。

余談だが神戸はいいチームになっている。怪我人が出なければ今年はリーグも期待できるのでは。




横浜FCのトップ下には中村俊輔
横浜FCで迎える開幕は初めてだが、彼個人としては昨年も磐田でJ1開幕戦にスタメン出場している。

この日は守備に追われ持ち味をなかなか出せなかったが、彼が退いた後に神戸の攻撃は加速し同点に追いつかれた。特にイニエスタが自由になり、サンペールから縦のパスが入り始めたのが印象的だった。
中村俊輔個人でのボール奪取はなかったものの、的確なポジショニングと相手の嫌がるプレッシャーを実践していたということなのだろう。


攻撃面に関してはやはり標的とされており、ボールロストも数回あった。
良い時はこれをいなしてチャンスを創り出す選手だけに、まだ100%とまでは行ってないのだろう。

しかしシーズンは始まったばかり。

昨年は開幕戦で名波監督に見限られたが、今年そうなるなら下平監督とはよほど合わないということになる。


レアンドロドミンゲスや斎藤とのポジション争いは続く。次節は柏とホーム開幕戦。

イニエスタや遠藤に話題をもっていかれてるが、ここらで中村俊輔というプレーを見せてほしい。

今年はトップ下、怪我さえなければ今年こそ中村俊輔らしいプレーが見れるはずだ。

競馬2019~2020

個人的な競馬の振り返りと展望です。



まずは2019年の振り返り。



個人的な年度代表馬リスグラシュー

父ハーツや同じ父のジャスタウェイのように化けたね。宝塚からのパフォーマンスは圧巻。牝馬でくくらなくても強い馬、かなりの名馬やと思います。
あえて牝馬にくくるなら歴代トップ3に入ると思いますし、なんなら1番強いんじゃないかとさえ思います。



良いレース、印象に残ったレース。

これもリスグラシュー宝塚記念有馬記念と言いたいけど、それを除けば皐月賞かな。
今年のクラシックはレベル低いと思ってたけど、皐月賞で上位3頭が締まったいいレースをしてくれて春は楽しめました。

あと金鯱賞。良いメンバー揃ってまた強いダノンプレミアムが帰ってきたのが良かった。安田記念から連敗中だけどまた巻き返してほしいね。








騎手は武豊につきるかな。
ルメールは相変わらず良い馬乗ってまた結果出してすごいけど。
武豊騎手がリーディング上位に帰ってきてG1でも存在感を示してるっていうのは競馬ファンにとっては嬉しい。2009年の落馬事故以来で最も良い年だったのでは。もちろん更なる活躍を期待したいですけど。とにかく武豊騎手もそうですし、騎手の皆さんには無事に乗ってほしいというのはあります。


シビれた騎乗も武豊騎手の菊花賞
ワールドプレミアはあの時点で1番強い馬ではなかったかもしれないけど手綱さばきで持ってきた感じ。
まあ馬も強くないと話にならないんだけど、ワールドプレミアはほんと春から変わった。有馬でも強くなってたのかあのメンバーで3着。ワールドエースとは違うタイプみたいだけどまだ良くなりそうで楽しみやね。



悲しくなるのであんまり話したくはないけど2019年はウオッカだけでなくキンカメにそしてディープインパクトと日本だけでなく世界的にも悲しい出来事がね、ありましたけど。
中でもディープインパクトはやっぱり特別ですよね。
後世に語り継ぎたい馬。
凱旋門賞をディープの子供で、これは日本競馬界の悲願ですよね。
ディープ級のバケモノ、残りの世代から出てくると思いますし。キズナやロジャーバローズ達や海外ではサクソンウォーリアーやスタディオブマンもいますしね。ディープの血がこれからも繁栄してほしい。
ディープにはこれまでもこれからも夢をもらって、ほんとに感謝しかないですね。















さて、2020年はどうなるか。




まあリスグラシューがいなくなった以上アーモンドアイが現役最強になるのか。もしくはサートゥルナーリア?
まあ各路線絶対王者みたいなのはいないよね。インディチャンプも絶対王者とまではいかないでしょ。



スプリントはタワーオブロンドンが中心だけど、桜花賞馬さんがどの路線に行くのか?
スプリント、マイル、牝馬の行方はそこにかかってるかもね。


短距離で個人的な注目はカテドラルかな。化けそうな化けないで終わりそうな。
牝馬はラッキーライラック。ラストイヤーになるけどオルフェーヴルの子供の古馬になっての成長力はどんなもんなのか。


中距離はまあ前述のカナロアの2頭が中心にはなるのかな。
ダノンプレミアムの復権に期待したいのと、あとはワグネリアン
今年も悪くない競馬はしてる。ブロードアピールの血が騒げばこっからまだ奥がないこともないはず。やっぱりダービー馬に強い競馬してもらって主役になってほしい。


長距離はグローリーヴェイズとフィエールマンの二強にワールドプレミアがどれだけ迫れるか。エタリオウの復活も待ちたい。










三歳は早くもサリオスとコントレイルの二強説出てるけど、まあクラシックはまだこれから主役が出てくるとかあるからわからんよね。
海の向こうはシャマーダルがブレイクしてるけど国内はハーツクライなんかな。マイラプソディーなんかもおるし。

サリオスはほんとにマイルの馬なのかって、まあ違うでしょ。ハーツクライの子供は距離もつやろ。この馬本命でええんちゃう?


コントレイルは…わからん。なんか矢作さんが珍しく弱気なんよね。
まあ中山より東京なのはわかるけど、現状それくらい。距離はかなり心配されとるけどダービーまでは大丈夫なんとちゃうかな。
皐月直行みたいやけど、やっぱダービー狙いなんだろうね。
ディープの子供に三冠の夢見たいのはわかるけど、三冠て感じではないのかもしれない。諸々。でもダービー馬はこの馬なんだろうな。
どうしてもまだ額面通りには受け取れないというか、ポテンシャルならこの馬でしょ。この世代。
ただまだわからんよとこの時期は。











まあ今年もどうなるのやら。

RIZIN20 感想1

まずライト級GP。

ムサエフ強かった。それだけのGPだった。
この盛り上がらないGPの価値はムサエフの今後の活躍だけが上げられると思う。

ムサエフに関してはピットブル兄に勝ったからベラトール参戦もおもしろいよね。まあ自分の形になった時の力強さはすごいね。楽しみな選手。

バンタム級は堀口というワールドクラスの本物がいたことで強豪が集まってGP含めそれ以降も盛り上がったけど、ライト級は逆にGPで盛り下がった印象。
それは嚙み合わせとか運もあるけど査定期間が長過ぎたりとか微妙なとこがあった。

まあ矢地くんの失速も痛かったよね。上迫に勝ったけど本来の矢地くんならまあ順当。この人が輝かないとライト級は厳しい。








山本VSアムは山本が予想以上に強かった。
RENAVSヴァンザント2はRENAが打撃で上回った。RENAは今後もこの戦い方をしなければいけない。打撃はやはり強いのだから。

浜崎VSハムソヒ3はアグレッシブに行ったハムソヒの判定勝ち。ただどちらに転んでもおかしくない試合で、浜崎の評価が下がるものでは決してない。








那須川VS江幡。

やはり格が違ったが予想以上に差があった。
那須川天心はもうステージを変えるしかない。口は悪いがRISEが枷になるのではないか。
K-1が武尊の枷になったように。





元谷VSミックス。

まさかの元谷が一本負け。
ミックスが本物だったということか。
元谷は前回の扇久保戦といいテイクダウンを取られすぎる悪いところが出た。タイトル戦線からはまたも後退してしまったが、堀口に負けて強くなったように再びレベルアップして帰ってきてほしい。




朝倉未来VSジョンマカパ

朝倉未来の順当勝ち。ただマカパも予想以上にがんばった。

さて、朝倉未来は今後どうしていくのか。
GPが続くベラトールフェザー級戦線とは交わる可能性は低い。相手、おらんやん。










朝倉海VSマネルケイプ2。

朝倉海にとってケイプは天敵なのかもしれない。なにかやりにくそうにしてるうちに決まった。当然ケイプがレベルを上げてるのもあるけど。相性というか難しいね。

バンタム級はこれまたカオスに。




石渡VS扇久保は扇久保の意図した3Rフルに使った判定勝ち。まあ扇久保は勝つべくして勝ったし石渡は負けるべくして負けた。扇久保が石渡の良さを消したというか、レベルは高いはずなのにどの相手にも隙を見せてしまう石渡の悪さが出た。




次のタイトルマッチはケイプVS扇久保に。

んーなんか実力と違う方向にタイトルが動いてる気がする。いいのかこれで?
まあ結果が実力といえばそれまでなんだけど、なんかね。

バンタム級四天王は石渡の意図した形とはべつの形で崩壊。
ケイプの王座に挑む扇久保。
連敗した元谷はタイトル戦線から後退。
佐々木は大怪我からの復活を目指す。


初代王者堀口もしばらく復帰は難しい。
朝倉海は思わぬ躓きもケイプとは形式上は1勝1敗の五分。復帰戦次第では再びのリマッチも。

ビクター、水垣、大塚あたりもこれに絡んでくるか。











まあRIZINどうなんのやろね。

RIZIN20 ISHIWATARI VS OGIKUBO

晦日RIZIN20の予想。


とりあえずライト級GPはジョニーケースかムサエフと予想。セミファイナルを勝った方がそのまま優勝。
逆側はピットブル兄が地味に判定勝ちか。




元谷VSミックスは元谷。
元谷は元UFC3位でベラトール王者堀口恭司とまともにやり合えるそういうレベルの選手。それを北米にも示す一戦。



対抗戦ラストは2-2の五分で迎えるだろう。
朝倉未来VSジョンマカパ
いや、マカパて誰やねんと。朝倉未来の圧勝。





実は対抗戦6戦目、RENAVSヴァンザント2。

RENAは寝かされる前に倒せるか。それだけ。できなきゃ負ける。ヴァンザントとしては初戦を踏まえて寝かせるだけ。ヴァンザント有利。


まあぶっちゃけ一昨日もあいの試合とか対抗戦と言われてない対抗戦もあるから、終わったらトータルで勝敗出すのもおもしろいかも。
ただRIZINはホームだし、ケージとリングの違いもあるし一概に勝負付けしにくいかもね。





白鳥VS大雅2。

まさかのダイレクトリマッチ。
初戦は白鳥との身長差とリーチ差に苦しんだ大雅。
近戦でダメージの蓄積か打たれ弱さが目立つ大雅には相性的に厳しい。初戦3Rのように白鳥が出てくればチャンスはあるが、白鳥が応じるか。白鳥有利。











那須川VS江幡。

これは判定で那須川か。




山本VSアム

アムの打撃炸裂だろう。







浜崎朱加VSハムソヒ3


浜崎はトータルで強いが穴がないわけではない。一発のあるハムソヒが勝ってもなんらおかしくはない。過去の試合は8年前、参考外か。長引けば浜崎だがハムソヒの決め手が上回るのではないか。




















朝倉海VSマネルケイプ2。
暫定王座戦。

実際これは拮抗してるのか、なんやかんや読めないカード。初戦からすればケイプ。堀口、佐々木と倒してきたのを考えると朝倉でもある。前回の判定が朝倉であった以上必然的に朝倉有利にはなる。ケイプが勝つなら決めきらないといけないが、決め手なら朝倉が上回る。初戦の頃は決め手を欠いた朝倉だけに今なら朝倉か。










さて、今日の個人的メインはタイトルにあるように石渡伸太郎VS扇久保博正

前述の朝倉ケイプ2とともにバンタム級の今後を占うカード。
朝倉としては石渡の方がやりやすいか。ケイプの場合は扇久保か。


さて、石渡本人がいうように決め手は圧倒的に石渡。扇久保はいわゆる塩漬けできるかどうか。
オールラウンドのストライカー石渡VSしつこいレスラー扇久保。
扇久保を苦手にする選手は多いがトータルレベルの高い石渡はあまり苦にしないだろう。扇久保に勝機があるとしたら元谷戦のようなテイクダウンでポイントを稼ぐ方法だが石渡のテイクダウンディフェンスは元谷のそれを上回るうえに、打撃の殺傷力が高い。ただ石渡は試合の中で集中力にムラがあるというかポカをする場面がある。そこを突けばチャンスはあるが、繰り返しになるが決め手のない扇久保には厳しい。石渡がダウンを奪い判定勝利か。

大晦日へ

日本格闘技界において大晦日とは特別なもの。
2014年にDEEPが他の業界から守るためと開催したことからもわかるように。


そう考えると今年の大晦日RIZIN(29日のベラトール日本大会を含む)の期待はずれなこと。


まあまあ大晦日にしてはだけどさ。


期待があるだけに文句を言わせてよと。








メインとなるはずだった堀口VS朝倉のタイトル戦でのリマッチは堀口の怪我で流れた。
RIZINが堀口を酷使してた部分はあるが、怪我をしてしまった以上これは仕方ない。

ただその代わりにマネルケイプとなると役不足
朝倉ケイプのリマッチ自体はナシどころかウェルカムではあるんだけど。前回は判定がホームディシジョンに見えたので。
ただここで切るカードかは疑問が残るのも事実。




まあでも石渡VS扇久保が次期挑戦者決定戦というところでなんとか納得はできたか。
四人でのワンデートーナメントはありっちゃありだったけど、後になってみれば英断と言われるかもしれない。

朝倉海にとってはワンデー云々よりこの組み合わせ自体がラッキーかもしれない。
おそらく1番やりにくい相手であろう扇久保をしばらく回避できそうだから。







さて、ライト級グランプリはあるの忘れるくらい期待してないので対抗戦か。

元谷は扇久保に負けてタイトル戦線から一歩後退してしまった以上はこちらに回るしかないか。とりあえずパトリックミックスをボコって再びタイトル戦線に戻ってきてほしい。


話は逸れるがバンタム級で言えば大晦日参戦してもいいタレントはまだまだいるだろ。
ウルカに関してはとにかくお大事にしてもらってなるべく早く帰ってきてほしい。

水垣はダメージなければだけど、ビクター、スコッギンス、大塚とかね。



話を対抗戦に戻して朝倉未来の相手はガッカリだなー。
誰やねん。アーチュレッタはなんで流れたんやろ。
榊原はん、交渉が難しいのはわかるけどあんた朝倉未来には世界のトップ連れてくるんちゃうかい。それで言ったらアーチュレッタですら対象外やろが。
連れてこれないのが問題なんじゃなくてその発言に責任もてやと。

対抗戦は副将、大将戦は勝ちやろな。あとはクルシャン次第か。







ヤッチくんに関しては三連敗中だからしゃーないかもな。ある意味朝倉未来戦より負けたらアカンやろ。


ライト級で言ったら北岡、五味のいない大晦日はほんまに寂しいな。

五味はクインテットなんかにとられてる場合じゃないだろ。
北岡もダメージあるからやめた方がいいのかな。本人は準備万端らしいから相手次第か。
なら五味…はないか噛み合わない。北岡と噛み合うのって誰だ、宇野薫とかか。いや、五味も北岡も相手ストライカーのがいいけどそもそもライト級のストライカーってグランプリ出場者除いたらあんまおらんか。
五味、北岡見たいんだけどなー。






天心は江幡と。
これもいいカードなんだけど順番が違うというか。これで勝ったら武尊戦とかなら激アツだけど、それもないわけだし。
去年メイウェザーだったからまあそれ超えるなら武尊戦以外なかったか。そう考えるとメイウェザー戦て凄かったしアリだったんかなと。
まあまあこの江幡戦もできる限りの1番のカードなんやろね。たしかにRIZINはこれまで天心に噛ませ当てがちだったから珍しくガチカードでええんかな。


白鳥VS大雅はそれこそお互い別のカードがなかったんやろな。まあキックの知らんカード並べられるよりマシか。試合自体は面白い二人やけん。




んーなんやかんや飲むしかない感じになったな。

いろいろあるとは言え見たいカードが見られん現状なんやろな。
ベラトールがフェザー級グランプリやってたり、どっかの団体は契約がなんちゃらと。




さて、話ついでに武尊さんとこのも話しとこ。K-1はよく復活してきてるけど、このまんまじゃこれ以上はないしまた廃れるだけ。
天心VS武尊はいよいよ旬を逃しかけてる。武尊はバカ運営ほっぽって大晦日にリング上がったらいい。天心やファンはもう冷めてきてるからやるなら最後くらいじゃないかな。江幡戦後にリングに上がって天心くんやろうよ。まあないか。






さて大晦日追加はもうないのか。

マイルCS2019

インディチャンプの春秋マイルG1制覇で幕を閉じた今年の日本のマイル路線。

勝ったインディチャンプは香港マイルへ。ビューティージェネレーションは連敗しとるけど立て直してくるはず。いい勝負するというか勝つんちゃうかな。




ダノンプレミアムは二着。
外枠からいい競馬はしとる。
けどいい時の迫力がなかった。調子か馬場かそれとも現時点での実力なのか。
安田記念天皇賞、今回となんかこの馬の歯車がおかしくなってる感じがある。評価も下がってしまった。
来春は大阪杯安田記念あたりがターゲットとなるか。足もとの弱い馬だけに難しいがオーストラリアや香港は合う気がしなくもない。距離的にドバイターフとか。





3着ペルシアンナイトはここが合うんやろな。
ただ下降線だけに。


カテドラルは先が楽しみ。












さて今週はJC。

海外からの参戦は初のゼロ。いよいよやばいでしょ。そのへんはまた別の機会にじっくり書きたい。

レベル低いだの言われてるけどレイデオロワグネリアンいるからね。楽しみなレースだと思うよ。

ユタカマジック

2019年の菊花賞といえば武豊の名騎乗、と記憶されることになるだろう。
そんなレースだった。



リーディングジョッキーの座から離れて久しいが、これだけ鮮やかな騎乗を見せられるとリーディング争いにすら疑問が浮かぶ。
やはり武豊武豊だ。



ワールドプレミアについては正直馬の力というより騎手の巧さで勝った印象で、強いと手放しで称賛はできない。

ただこれまでの体質の弱さやズブさが解消されつつあるようにまさかの成長力があった。
現状同世代のトップであるサートゥルナーリアやダノンキングリーには及ばないだろうし、上のアーモンドアイやダノンプレミアムはもってのほかだろう。その辺りと争うにはさらに2、3段階の成長が必要だ。ワールドエースの弟はどこまでいけるか。





二着のサトノルークスはより長距離砲だったか。
母父サドラーズウェルズの活躍は日本にとっていいのでは。
にしても福永祐一と手が合うのとこちらも成長力があったのだろう。またこれからも期待したい。



三着ヴェロックスは残念。
距離はあれどそう不利なく立ち回って勝ちきれない辺りはそういう馬なのか、それともまだこの馬も化けを残してるのか。











さて、来週は主役級ズラリの天皇賞
アーモンドアイVSサートゥルナーリアとメディアは書きたてるだろうけど注目はダノンプレミアム。
能力はナンバーワンではないか。

あと期待したいのはダービー馬2頭。
文句なしの現役最強馬決定戦、ここでダービー馬の復活が見たい。
鞍上は今日の1、2着。
2頭とも府中2000はベスト条件。来週もディープの子供がワンツーでは。