コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

RIZIN20 感想1

まずライト級GP。

ムサエフ強かった。それだけのGPだった。
この盛り上がらないGPの価値はムサエフの今後の活躍だけが上げられると思う。

ムサエフに関してはピットブル兄に勝ったからベラトール参戦もおもしろいよね。まあ自分の形になった時の力強さはすごいね。楽しみな選手。

バンタム級は堀口というワールドクラスの本物がいたことで強豪が集まってGP含めそれ以降も盛り上がったけど、ライト級は逆にGPで盛り下がった印象。
それは嚙み合わせとか運もあるけど査定期間が長過ぎたりとか微妙なとこがあった。

まあ矢地くんの失速も痛かったよね。上迫に勝ったけど本来の矢地くんならまあ順当。この人が輝かないとライト級は厳しい。








山本VSアムは山本が予想以上に強かった。
RENAVSヴァンザント2はRENAが打撃で上回った。RENAは今後もこの戦い方をしなければいけない。打撃はやはり強いのだから。

浜崎VSハムソヒ3はアグレッシブに行ったハムソヒの判定勝ち。ただどちらに転んでもおかしくない試合で、浜崎の評価が下がるものでは決してない。








那須川VS江幡。

やはり格が違ったが予想以上に差があった。
那須川天心はもうステージを変えるしかない。口は悪いがRISEが枷になるのではないか。
K-1が武尊の枷になったように。





元谷VSミックス。

まさかの元谷が一本負け。
ミックスが本物だったということか。
元谷は前回の扇久保戦といいテイクダウンを取られすぎる悪いところが出た。タイトル戦線からはまたも後退してしまったが、堀口に負けて強くなったように再びレベルアップして帰ってきてほしい。




朝倉未来VSジョンマカパ

朝倉未来の順当勝ち。ただマカパも予想以上にがんばった。

さて、朝倉未来は今後どうしていくのか。
GPが続くベラトールフェザー級戦線とは交わる可能性は低い。相手、おらんやん。










朝倉海VSマネルケイプ2。

朝倉海にとってケイプは天敵なのかもしれない。なにかやりにくそうにしてるうちに決まった。当然ケイプがレベルを上げてるのもあるけど。相性というか難しいね。

バンタム級はこれまたカオスに。




石渡VS扇久保は扇久保の意図した3Rフルに使った判定勝ち。まあ扇久保は勝つべくして勝ったし石渡は負けるべくして負けた。扇久保が石渡の良さを消したというか、レベルは高いはずなのにどの相手にも隙を見せてしまう石渡の悪さが出た。




次のタイトルマッチはケイプVS扇久保に。

んーなんか実力と違う方向にタイトルが動いてる気がする。いいのかこれで?
まあ結果が実力といえばそれまでなんだけど、なんかね。

バンタム級四天王は石渡の意図した形とはべつの形で崩壊。
ケイプの王座に挑む扇久保。
連敗した元谷はタイトル戦線から後退。
佐々木は大怪我からの復活を目指す。


初代王者堀口もしばらく復帰は難しい。
朝倉海は思わぬ躓きもケイプとは形式上は1勝1敗の五分。復帰戦次第では再びのリマッチも。

ビクター、水垣、大塚あたりもこれに絡んでくるか。











まあRIZINどうなんのやろね。