コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

サリオスとコントレイルのライバル関係

今週の東京競馬場メインレース毎日王冠に出走するサリオス。






この馬のここまでを振り返るとまるで漫画かのようなできすぎたストーリーに感じる。







現状この馬を語るうえで切り離せないのがコントレイルの存在。


なぜならサリオスが敗れたのはコントレイルだけだからだ。











新馬戦、サウジアラビアRC、朝日杯FSとレコード勝ちを含む圧倒的な内容で三連勝しG1馬に。




例年なら最優秀2歳馬のタイトルを獲得し、翌年のクラシックの断然の主役とされるはず。




しかしこの世代にはもう1頭の怪物が。




それが新馬戦、東スポ杯2歳SホープフルSをレコード勝ちを含む圧倒的な勝利でG1馬となったコントレイルだ。








レコードとG1を含む3戦3勝。

そして春はともに皐月賞に直行はできすぎたストーリーに見えた。





競馬ではだいたいこういった2強の時は両雄並び立たずとなる。
特にクラシックは同世代がしのぎを削る野球でいえば甲子園。魔物が棲むかのごとく牙を剥く。

案の定多くの予想家やファンはどちらかを、特にコントレイルを馬券から外した。







しかし蓋を開けてみれば2頭のマッチレース。


コントレイルがサリオスを競り落としたこの皐月賞は歴代でも屈指の名レースになった。









第2ラウンドは日本競馬界最高峰のレース日本ダービー


長い日本ダービーの歴史の中で皐月賞の1、2着でそのまま決まったことはない。
またも多くの予想家やファンはどちらかを、今回は特にサリオスを馬券から外した。











しかししかしダービーでもコントレイル、サリオスで決まった。


この2頭の力はそれだけ抜けていたのだろう。


















この2戦でサリオスが3着につけた着差も決定的なもの。

コントレイルがいなくともサリオスが無敗の二冠馬になっていた可能性はかなり高い。


















コントレイルはそのまま神戸新聞杯から菊花賞へ。


サリオスは毎日王冠から天皇賞もしくはマイルCSへ。




秋からは別の道へ。






この2頭のあまりにドラマチックなストーリーが続いていくなら、ともにこのまま圧倒的な強さで勝ち進み再び相見えることを期待したい。




もしかしたら天皇賞ジャパンカップのような日本のビッグレースかもしれないし、英チャンピオンS凱旋門賞、BCのような世界のビッグレースかもしれない。




そんな壮大な夢が本当に見られそうなサリオスとコントレイルのライバル関係。







まずは今週サリオスの毎日王冠




ここが本番ではないが相手関係からすれば圧勝してもらいたい。