コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

ダノンザキッドの弥生賞

未だ名称に対する賛否が止まぬ弥生賞ディープインパクト記念。

JRAの重賞でレース名に馬名が入っているのはセントライトシンザンディープインパクトのみ。

それだけ偉大な馬。

印象深い若駒Sディープインパクト記念に、という声は多いがJRAとしては重賞につけたかったのだろう。


個人的にはそれほど嫌ではない。
ディープインパクトの功績からすればむしろG1につければええやんというくらいだが、それはそれでやりすぎな気もする。




とにかくディープインパクトを思い出し、敬意を忘れなければ良い。















さて、今年はディープインパクト産駒は出走なし。

ストクロップ間近というのを考えると昨年のサトノフラッグと武豊の勝利がいかにドラマチックだったかが改めてわかる。

サトノフラッグと武豊にはそのドラマを繋ぐためにもさらなる活躍を願う。









今年の主役はダノンザキッド。


二連勝中のシュネルマイスターや重賞好走のタイトルホルダーはいるが、ここは強い勝ち方が求められる。


とはいえ今のダノンザキッドは少し過剰な期待を負いすぎている気がする。





その理由はこれまでのローテーションが昨年のコントレイルと同じだからだ。


コントレイルはホープフルSから皐月賞に直行したため、この弥生賞ディープインパクト記念で違う道を歩むことになるわけだが。



果たしてダノンザキッドはどんなパフォーマンスを見せるか。








個人的な見解としては前述のとおり現状は期待し過ぎな気がする。


ローテーションが同じでもパフォーマンスが違うし、この馬はコントレイルではない。


ただ上限を見せていないのはたしかで、期待したくなるのもわかる。


三冠馬誕生の翌年三冠馬候補現れがち、というのは競馬あるある。


ミスターシービーの翌年にはシンボリルドルフが無敗三冠達成。

翌年にはメジロラモーヌ牝馬三冠にミホシンザンが二冠。


ナリタブライアンの翌年には幻の三冠馬フジキセキ

ディープインパクトの翌年には二冠馬メイショウサムソン

オルフェーヴルの翌年にはジェンティルドンナ牝馬三冠。








ソダシということもあるが。












ただ雰囲気だけで言うとダノンザキッドはクラシック無冠に終わるタイプに見える。

ドリームジャーニーのようにクラシック苦戦するタイプな気がする。これはなんとなく。


理由があるならジャスタウェイ産駒ということ。ハーツクライの血というか。





あとは新馬戦のインパクトの割に東スポ杯とホープフルSが地味だったこと。

ホープフルSはクセのある中山を勝ちきったと評価できるが、東スポ杯はダービーが見えるような勝ち方ではなかった。


まあ昨年のコントレイルもこの時点では過大評価と言っていたので、実際はわからない。



とにかく弥生賞を見てまた判断したい。