コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

皐月賞2021結果

エフフォーリアの無敗制覇ということになった今年の皐月賞



近年無敗制覇が多いのは力がある馬が出ているのもそうだが、数を使わないローテーションが主流になっているのも大きい気がする。


昔からの競馬ファンは異を唱えているが、無駄遣いしないのは悪くない。










二着タイトルホルダー、三着ステラヴェローチェは展開と馬場の具合がハマったか。

四着アドマイヤハダル、五着ヨーホーレイクあたりとはそう差はなさそう。


ダノンザキッドはブービー
故障でなければいいが。











さて、ここからダービー戦線が本格化するわけだけれども。


エフフォーリアはもう大本命となるだろう。

もともと共同通信杯を制した時点でダービーはこの馬と言われていた馬。

向かないと見られた皐月賞を圧勝したのだからダービーは1倍台の人気だろう。

しかし落とし穴はそこにこそあるのでは。

この馬ダービー向きと言われていたけど、皐月賞のパフォーマンスは皐月賞馬そのもの。

馬場の悪い内を通った点はゴールドシップに通ずる。
レース前はダービーは確実と思っていたが、この圧勝は逆にダービーに対する疑念が浮かんだ。

レース自体はハイペースともスローペースともとれない微妙な流れ。タイトルホルダーが二着に来たことで前の馬が残った印象があるが、そのあたりは正確なラップを見て分析する必要がある。
エフフォーリアはとにかく無駄のない競馬をした。強い競馬ではあったが、そこは忘れないでおきたい。





かと言ってダービーで逆転できる馬も見当たらない。

エフフォーリアのつけた三馬身差は馬場の悪さを考えると評価しすぎるのは危険だが、二着以下との勝負づけは済んだ。
皐月賞とダービーの適性の差を考慮しても逆転はかなり難しい。

となると別路線組だが、期待できるのは毎日杯組くらい。
青葉賞京都新聞杯あたりにバケモノが潜んでいるとも思えないがロジャーバローズのようなパターンもあるので期待して待つしかない。

個人的にはグレートマジシャンに期待していたが、NHKマイルの後にダービーを使うのかは疑問。

それに勝ったシャフリヤールは共同通信杯でエフフォーリアに完敗しており、逆転はまったくイメージできない。






結局今年はエフフォーリア1強のダービーとなりそうだ。



4戦無敗の皐月賞圧勝で2年連続の無敗三冠馬誕生を期待する声も出そうだが。

たしかに強いし、ソダシなんかよりよほど強い馬だと思う。

ただこの皐月賞圧勝はアンライバルドゴールドシップディーマジェスティのようにダービーを勝てないパターンに見えて仕方ない。

能力は抜けてるし素直に強いレースだったと讃えたい。
現状ダービーに敵はいないのもたしか。


それでも…







そんな皐月賞だった。