コラム blog

ただ思ったことを書くだけです。

ヴィクトリアマイル2021結果

終わってみれば一人舞台。


いや、実力的には当然の結果なのだけれども。




こうなると逆に怪しくなるのは次走安田記念

てっきりこのまま休養に入るかと思いきや、陣営は安田記念ありきのようなコメント。

ならば仕上げすぎのような気がするのだが。

ノーザンファーム的にはサリオスがいるのでじゅうぶんなのになぜ安田記念へ。
そこはサンデーとシルクの違いがあるということか。

いずれにせよサリオスの方がローテーション的に有利なのは否めない。











さて、グランアレグリアの強さを今さら語る必要はないので2着以下の話に。



2着ランブリングアレーは愛知杯でマジックキャッスルと差のない競馬をしていただけに。
ただ逆転まであるとは意外で、今後も楽しみな馬だ。


そのマジックキャッスルは3着。
内目でちょっと窮屈な競馬にはなったか。しかし安定感はさすが。



レシステンシアは外枠で自分の競馬に持ち込めなかったぶん失速したか。それでも大敗しないあたりは競馬の幅が出てきているのか。


デゼルは直線伸びきれず。
マイルで時計勝負だと厳しいのかそれとも連戦の疲れか。
春は賞金加算できたし悪くはなかった。
世界的良血だけに、また今後に期待。





テルツェットも見せ場なく終わってしまった。
こちらも一線級に跳ね返されたが、まだキャリアの浅い馬でこれからだ。












ヴィクトリアマイルは雨は降ったがさほど馬場に影響はなく良いレースだった。

来週以降もこうあってもらいたい。


来週はオークス

ソダシはちょっと騒がれすぎ。それよりもクールキャットを重くみたい。